FC2ブログ

職場の飲酒運転対策メルマガ      バックナンバー

ASK飲酒運転対策特別委員会が無料配信している「職場の飲酒運転対策メルマガ」のバックナンバーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

73号2012

★__________________________
 ☆ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     【職場の飲酒運転対策メルマガ】  
                  73号 12.6.14
                   ASK飲酒運転対策特別委員会
                   http://www.ask.or.jp/
    ___________________________☆
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄★

 飲酒運転防止への社会的意識の高まりを受けて、運輸業界をはじめ、
 さまざまな職場で、今、積極的な取組みが模索されています。
 このメルマガでは、ヒントになる事柄、役に立つ情報をお伝えして
 いきたいと思っています。

=================== このメールマガジンは ====================
 特定非営利活動法人ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)内に
 設置された飲酒運転対策特別委員会が、情報提供のために発行する
 ものです。
 ASKのホームページ http://www.ask.or.jp/ からご登録いただいた
 方に、月1回、無料で配信します。
===========================================================

━━━ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    1.インストラクター養成講座NOW!
    2.ASKからのお知らせ
    3.ニュースCLIP!
    4.山さんコラム No.71
    5.ASKの活動ご紹介
    6.編集後記 *つぶやき*

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「酒が残っているとは思わなかった」 
 「ちょっとぐらいならいいだろうと思った」
 「酔っていて、なぜ運転しようと思ったのか自分でもわからない」
   
   ……これがなくせないと、飲酒運転の撲滅はできません!

==============================================================★
  1.インストラクター養成講座NOW!
===============================================================

 ★第5期飲酒運転防止インストラクター養成講座、受付中です!

 定員まであとわずかです。
 お早めに、ホームページからお申し込みください。
   ↓   ↓   ↓
 http://www.ask.or.jp/ddd_instructor.html
 
 応募は運送業からが多いですが、一般企業の管理職や健康管理職の方々も
 います。
 そして、目立つのが刑務所の方々です。
 応募の声をご紹介します。
 
 ●刑務所で受刑者への教育を行なっているが、飲酒問題が犯罪と大きく
  関係しているケースと出会うことが多く、飲酒についての知識を得たい。

 ●道路交通法違反(酒気帯びなど)を繰り返している人たちへの教育を
  行なう中で、アルコールについての知識を正しく伝えることの必要性を
  強く感じているため。飲酒運転の危険性に対する認識を少しでも高め
  られたらと感じています。

 ●飲酒運転はもとより、飲酒に起因した犯罪や問題について理解を深め、
  被収容者の改善、再犯防止に役立てたいと思っています。

 ……全国で開催するスクーリングでは、異業種の方々と交流します。
 飲酒運転防止に取り組むいろいろな立場の人と知り合うことができる。
 それは、この養成講座の大きな特長の1つです。

==============================================================★
  2.ASKからのお知らせ
=============================================================== 
 
★アル法ネットが設立しました!
 
 5月31日、アルコール関連問題基本法推進ネット、略して「アル法ネット」
 の設立総会が、参議院議員会館で開催されました。
 「アルコール対策の基本法を」という目的のもと、関連団体・議員・行政
 の担当者が一堂に会した光景は画期的でした。

 臨場感あふれる当日のレポートです。
  ↓ ↓ ↓
 http://alhonet.jp/20120531.html

 アル法ネットは賛同団体を募集しています。
 申し込みフォームで、賛同の意思を表明してください。
  ↓ ↓ ↓
 http://alhonet.jp/apply/

 入会金・会費はありません。団体の規模は問いません。
 ホームページに団体名を掲載します。
 メールアドレスをアル法ネットのメーリングリスト(ML)に登録します。
 (MLは、団体間の情報交換・意見交換にご活用ください)

 ★トイレットペーパーが大活躍しています。

 「一味違う飲酒運転防止活動を!」と企画した啓発トイレットペーパーが、
 各地で好評です。

 ――300個のご注文をいただいた某警察署のお話

 6月上旬に、飲酒運転防止の巡回の時に配ったり、日帰り温泉にチラシと
 一緒に置いてアピールしました。
 また、管内で行なわれたお祭りの仮設トイレにも設置しました。
 これは、「面白い企画」として新聞で取り上げられ、とても好評でした。
 「トイレを利用して驚いた。興味が引かれたのでイラストを全部見た」と
 いう声も。
 チラシはもらっても…という方が多かったのですが、トイレットペーパーだ
 と使えるので「もらって嬉しい!」という感想をいただいています。
 たくさん配りたいけど、予算がね。

 ――500個の注文をいただいた宮古島市・ロータス東和オートの新城さんのお話

 宮古島市では、飲酒運転防止の決起大会を行ないます。
 それに伴い、6月13日には地元地域で飲酒運転の根絶大会が開催されます。
 トイレットペーパーは、その会場で配る予定です。
 当日は、地元マスコミも取材に来る予定で、かなりの盛り上がりを予想して
 います。
 「飲酒運転を根絶する!」という気持ちで、がんばります。
  
 【トイレットペーパー「飲酒運転防止(7つの落とし穴)」】
  ↓   ↓   ↓
  http://goo.gl/LhpCS

 ★職場の飲酒運転防止対策に、こちらもご活用ください。

 ●DVD&ハンドブック
 「知って得する!アルコールの基礎知識」
 http://www.ask.or.jp/ddd_dvd.html#book

 ●体質ごとの飲酒リスクがわかる!
 ASKアルコール体質判定セット「かんたんジェルパッチ」
 http://www.a-h-c.jp/tool_taihan.html

==============================================================★
  3.ニュースCLIP!
===============================================================  

 福岡市長の「禁酒例」が大きな波紋を呼びました。
 今号は記事が多く、特大版になりました。
 お時間の許すかぎり、おつきあいください。

 引き続き今成が担当しています。

--------------------------------------------------------------

 1)注目を浴びた福岡市の「禁酒令」
 2)若者の飲酒運転は大事故になる!
 3)なぜ運転しようと思ったのか自分でもわからない
 4)酒が残っているとは思わなかった
 5)遺族が要望 広島にも条例を!
 6)脱法ハーブによる事故で危険運転致傷罪

--------------------------------------------------------------

 1)注目を浴びた福岡市の「禁酒令」

 福岡市がたいへんなことになっています。

 2月には、消防局の救急隊員が酒に酔って盗んだ車を運転。
 4月には、市立小教頭が飲酒運転。
 5月には、酒を飲んでタクシーの運転手に暴行を加えたり、同僚を殴ってけが
 をさせたりして、職員2人が同日に逮捕。

 ついに高島市長は、全市職員約1万6300人に対して、「外飲み禁止令」を出し
 ました。5月21日からの1ヵ月間、自宅以外で酒を飲まないよう要請したのです。

 ◎福岡市長“自宅以外では禁酒を”(5月21日 NHK)
 ◎前代未聞 職員に賛否 福岡市の禁酒令(5月20日 西日本新聞)

 「ものすごく激しいし、回数が多い。これは率直な感想」
 市長は、市役所内の飲み会の印象をこう語っています。

 開始日には、「今日から1ヵ月間を酒との向き合い方を考える意識改革の期間
 にしてほしい」と職員に訓示。
 禁酒要請に強制力はありませんが、「万が一、飲酒をしていたことがわかれば
 厳しい対応で臨む」とのこと。

 ◎ウーロン茶で乾杯 「禁酒令」下の福岡市役所懇親会(5月30日 西日本新聞)

 5月29日、市役所の局長や部長ら150人が親睦を深める恒例の懇親会が、市内の
 ホテルでありました。乾杯はウーロン茶!
 「酒なしでも意思疎通できる」と高島市長。

 「禁酒令」が上策か下策かは賛否両論あるところです。
 でも、始めたからには、この荒療治を職場の飲酒風土を変える契機にしてほしい。
 外で飲まなくても家で飲んで、翌朝、飲酒運転になったら元も子もありません。

 それには、職員それぞれが他人事から自分事に意識を変え、飲酒習慣を見直す
 ことが肝心。そして、そうするためには、アルコールについての正しい知識が
 欠かせません。

 ◎全職員に飲酒の常識クイズ課す(6月6日 西日本新聞)

 その手段として、同市は「eラーニング」を採用したようです。
 市役所内ネットワーク上でアルコールの知識をクイズで学ぶわけです。
 設問は市の医師や保健師が専門家の意見も聞いて作成。全職員が6問の2択クイ
 ズに挑戦し、4問以上不正解の人には合格するまで“再履修”を課すそうです。
 回答はネット上で採点され、解説が読めるしくみになっています。

 ◎アルコール依存症:福岡市職員・教員94人に疑い 全体の0.6%
  (5月16日 毎日新聞)

 福岡市と同市教委は職員・教員計1万6797人を対象に、AUDITというスクリーニ
 ングテストを使った飲酒習慣の調査も行なっています。
 飲み方を修正する必要があるとされる10~19点は2152人(12.8%)。
 アルコール依存症の疑いがあるとされる20点以上は94人(0.6%)で、こちら
 は専門医療機関の受診を勧める方針だそうです。

 問題のある人だけに焦点を当てると、偏見が強まり問題が隠されてしまいます。
 全体への教育と、飲み方を修正する必要がある人々への節酒カウンセリングが
 大事。
 福岡市の試みを、今後も見守りたいと思います。
 

 2)若者の飲酒運転は大事故になる!
 
 5月、各地で20代の飲酒事故が相次ぎました。
 酩酊度が高く、死亡事故や玉突きなど大事故に発展したケースも。
 自動車学校や高校・大学などで、啓発する必要があります!

 ●22歳 女性(5月15日 和歌山新報)
 5月15日、和歌山から三重の実家に帰省中の女性(22)が酒気帯びで運転し、
 自宅の外壁に衝突し横転。

 ●26歳 飲食店従業員(5月15日 西日本新聞)
 5月14日午後11時25分頃、愛知県で飲食店従業員(26)がパトカーに追跡されて
 橋の欄干に衝突。助手席の会社員(26)が車外に投げ出され死亡。
 呼気0.45mg/lのアルコールが検出。「飲食店を数軒、2人で飲み歩いた」

 ●23歳 とび職(5月16日 神奈川新聞)
 5月16日午前5時10分頃、神奈川県でとび職(23)が無免許で会社のワゴン車
 を運転。ガードレールに衝突し、破損したガードレールが車内を貫通した状態
 で約8m走行。乗車していた5人のうち、後部座席の男性(20)が右胸を強く
 打つなどして死亡、18~20歳の男女3人も胸部や腹部に重傷を負った。
 「自宅と車内で缶酎ハイを4、5本飲んだ。ちょっとぐらいならいいだろう
 と思った」

 ●23歳 大学生(5月19日 日刊スポーツ)
 5月18日午後11時45分頃、福岡県で大学4年生(23)がタクシーと出合い頭で
 衝突した後、軽乗用車と接触する事故を起こし逃走。110番通報により、
 約200メートル離れた県道で逮捕。呼気0.6mg/lのアルコールが検出。
 「大学関係者数十人と居酒屋で飲んだ」

 ●23歳 会社員(5月23日 朝日新聞)
 5月22日午前7時半頃、熊本県で会社員(23)が渋滞の列に追突。計6台の
 玉突き事故になった。呼気0.35mg/lのアルコールが検出。
 「昨晩、繁華街でビールや焼酎を飲んだ」

 ●28歳 大学院生(5月29日 毎日新聞)
 5月29日午前4時45分頃、福岡県で大学院生(28)がオートバイを運転し、
 信号待ちの軽自動車に追突。呼気0.25mg/lのアルコールが検出。


 3)なぜ運転しようと思ったのか自分でもわからない

 これらは、取り調べや公判で語られた言葉です。

 ●懲戒免職になった、さいたま市の中学教諭(57)はこう言いました。
 「酒を飲んだら寝られると思った。なぜ運転しようと思ったのか自分でもわ
 からない」(5月16日 朝日新聞)
 教諭は不眠を理由に3日間の休暇をとり、午後5時頃から自宅で缶ビール1本と
 焼酎の水割りをグラスで3杯飲酒。車庫に置いた灯油タンクから暖房器具に
 給油する際、停めてあった乗用車を車庫の外に出し、給油後に付近を1周し
 て戻ろうとして事故を起こしました。

 ●酒に酔って蛇行運転した宮城県の元警察署長(65)は公判でこう言いました。
 「再就職ができなくなるなどして、いらいらし酒を飲んだ。酒が入りすぎ、
 正常な判断ができなくなっていた」(5月26日 河北新報)

 ●飲酒事故で懲戒免職になった広島県の高校教諭(34)はこう言いました。
 「中ジョッキ6杯までは覚えている」(5月29日 日刊スポーツ)
 教諭は他校の高校教諭ら4人とビールを飲んだ後、帰宅するために乗用車を
 運転。中央分離帯上の視線誘導標に衝突し、壊れた車の破片で車4台を破損
 させました。

 ●飲酒事故を起こした高知県の小学校教頭と、その報告を受けながら警察や
 教委に報告していなかった校長の2人はこう言いました。
 「酩酊状態で適切な判断ができなかった」(6月1日 高知放送)
 2人はPTAの飲み会に参加していました。

 ●検挙された警視庁の警部補(45)はこう言いました。
 「駅で知り合った女性が寝過ごして困っていたので、自宅まで送ってあげた」
 (5月30日 テレビ朝日)
 警部補は酒を飲んで帰宅した後、自分の車を持ち出しました。
 呼気からは0.4mg/lのアルコール分が検出されました。

 アルコールは脳をマヒさせます。まずマヒするのが理性です。


 4)酒が残っているとは思わなかった

 一晩寝てもアルコールが抜けていない、二日酔い運転も目立ちました。

 ●中学教諭(30代)山形(6月11日 山形放送)
 6月8日、駐車場に車を停めて勤務する中学校の懇親会に出席し、ビール5、
 6杯のほか、焼酎やワインを飲んだ。その後、場所を2度変え、午前1時半
 頃まで飲み、車を置いて帰宅。翌朝7時ごろ、車を取りに戻り、車を運転
 して駐車場を出たところを警察官に止められた。
 呼気0.2mg/lのアルコールが検知。
 「酒は残っていないと思い運転しても大丈夫だと思った」

 ●中学教諭(57)神奈川(6月11日 産経新聞)
 6月8日、自宅で午後6時からビール大瓶1本とウイスキーをロックで4、5杯飲ん
 だ。翌朝8時20分頃、乗用車を運転しミニバイクに接触。
 「早朝、海に行った。朝なので大丈夫だと思った」

 ●警部補(55)熊本(6月4日 熊本日日新聞)
 休日だった6月2日、昼頃から夜9時頃まで自宅でワインを飲んだ。翌朝8時5分
 頃、勤務のため自宅から署に向かう途中、交差点で信号停車中のタクシーに
 追突。呼気0.63mg/lのアルコール分が検知。
 「酒が残っていたことは認識していた」

 どの人も飲んだ量が多すぎるのです。
 ビール中瓶3本飲んだら、翌朝、アルコールが残っていると思いましょう。


 ★DVD&ハンドブック
 「知って得する!アルコールの基礎知識」
  ↓ ↓ ↓
 http://www.ask.or.jp/ddd_dvd.html#book


 5)遺族が要望 広島にも条例を!

 福岡県の飲酒運転撲滅条例を「広島県にも」という運動が始まりました。
 要望しているのは、1年前に飲酒運転の車にはねられて高校生の長男を亡くし
 た三浦さんご夫妻です。

 ◎飲酒運転撲滅条例の制定求め県に要望書 高校生の息子亡くした夫婦 広島
 (5月30日 産経新聞)

 「福岡県飲酒運転撲滅運動の推進に関する条例」は、飲酒運転違反者にアル
 コール依存症に関する診断を受けることを義務づけています。
 内容はこちら→ http://www.gikai.pref.fukuoka.lg.jp/insyu-jyorei.pdf


 6)脱法ハーブによる事故で危険運転致傷罪
 
 脱法ハーブによる自動車事故も相次いでいます。

 6月1日の大阪のひき逃げについては、脱法ハーブ初の「危険運転致傷罪」で
 の起訴になりました。
 目撃者によると、運転していた男は「うつろな目をして車外でしゃがみ、
 わけのわからない言葉を発していた」「口を開けたまま宙の一点を見つめて
 いて、まともな受け答えができていなかった」とのこと。

 ●40代男性 新潟(5月17日 産経新聞)
 3月に新潟で意識がもうろうとした状態で物損事故を起こした40代男性の車
 内から「脱法ハーブ」が見つかり、県は販売店に立ち入り検査し販売中止と
 自主回収を指導。

 ●26歳工員 大阪(6月3日 産経新聞)
 6月1日、大阪で歩道にいた女性2人が車にはねられて軽傷を負う事故があった。
 逮捕された工員(26)は「脱法ハーブを吸っていた。事故前にどこかで
 信号待ちをしていたことは覚えているが、事故当時の記憶はない」と供述。
 衣服のポケットからはポリ袋に入った植物片が見つかった。

 ●33歳会社員 京都(6月11日 読売新聞)
 6月11日、京都市で軽トラックが軽乗用車に追突し、3人が軽傷を負う事故が
 あった。会社員(33)が「運転前に脱法ハーブを吸った。事故の瞬間は覚え
 ていない」と供述。車内から、脱法ハーブとみられる植物片が見つかった。

 厚生労働省は、過去に脱法ハーブに使用された指定薬物4種を麻薬に指定し、
 取り締まる方針です。

=============================================================★
   4.山さんコラム No.71
==============================================================

 ASK飲酒運転対策特別委員会委員長
 元・JRバス関東株式会社会長     山村陽一

 ◆女性よ、騙されるな

 おいしそうにジョッキを傾ける女性、皆でビールを注ぎあっている女性、
 朝のドラマで酔っぱらっている女性、酒好きと評判をとっている女性アナ
 のうれしそうな酒蔵での試飲……。
 TVから、次々に女性の飲酒場面が流れ出る。
 女性が酒を飲むのは、当たり前のことであり、飲まないのは不自然だという
 風潮になってしまった。

 いつから公然と、素人の若い女性が酒を飲むようになったのか、はっきり
 想いだせない。
 山さんの子供時代、若い女性はもちろん、主婦も職業婦人も人前では酒を
 控えていた。
 お正月やお祭りですすめられても「不調法で、すいません」と断わった。
 学生時代、コンパ、歓迎会、読書会などに女子学生が数人入っていたが、
 ほとんど飲まなかった。
 赤い顔をした女子学生の記憶は……あっ、一人いた。
 白いふくよかな頬を染めてコップのビールをあけて見せた。現役入学だから
 18歳。学生運動に加わって、煙草もふかしていた。田舎から出てきて気負っ
 ている気配が痛々しかった。
 いっぱしの革命論をしゃべり、仲間入りを誘ってくれたが、あまりに言う
 ことが幼いので、「せめて『共産党宣言』『賃労働と資本』できれば
 『ドイツ・イデオロギー』くらいは読んでおいたら」と忠告した。こちらは
 高校時代、社研の部長をして、マルクスも少し読んでいたから、知識をひけ
 らかせた格好。思えば山さんも幼かった。
 この会話は喫茶店。
 当時、初デートで相手に酒を飲ませたら「悪い魂胆をもつ」不良学生といわ
 れただろう。

 職場で酒を飲む機会はたくさんあったが、女性は酒やつまみの買出し、
 会場設営、後片付けをしたが、一緒に飲むことは、特別の場合を除いてな
 かった。
 大衆酒場、居酒屋、小料理屋にも女性客はいなかった。
 ロンドンのパブで女性を入れるべきか論争をしていたのは、50年前のこと
 だろう。
 当時、英国には物好きな女性がいるもんだと思った記憶がある。

 そのころ酒を飲みながら女性としゃべりたかったら、小料理屋へ行って、
 若いおかみさんか手伝いの女性、キャバレー、バー、クラブのホステスを
 相手にするしかなかった。
 東北勤務の際、何回かお見合いをした。相手の父親からさんざん飲まされ
 たが、お相手は、ただ、酒をはこぶだけ、共に飲んだ記憶はない。
 素人の女性が、人前で酒を飲む姿を見せるものではないというのが世間の
 常識だった。
 そして本格的な酒飲みたちは、素人の女性が酒の仲間に入るのを嫌った。
 多量飲酒をすると玄人の女性と違って大層乱れるからだ。
 「女の酔っ払いほど始末の悪いものはない」がお互いの口癖だった。皆、
 1度か2度、痛い目にあっているに違いない。山さんの苦い経験は、以前、
 このコラムに書いた。
 (あの文章はアスクでも大問題になって、一時はボツになるところだったが、
 山さんの熱望によって掲載された。酒を飲む女性よ、是非、ご覧あれ)

 若い女性が飲酒するのをタブーとしてきたことには、重要な意味がある。
 人類発生以来、つい最近まで女性の最大の使命は子を産み、無事に育てる
 ことだった。
 農業が始まり、酒が造られるようになった時、受胎可能年齢の女性に酒を
 飲ませない⇒女性自身が酒を飲まない文化が有力になるのは当然のこと
 だろう。
 モンゴロイドの中で体質的に酒の弱いタイプが出現し、農業社会で徐々に
 数を増していくと、そのタイプの女性はますます尊重されたはずである。
 なぜなら、すすんで酒を嫌うから、酒害を受けず良い子孫を残せる。
 よい結婚を望んで「お酒が飲めないふり」まで社会的に広まった。

 結局、若い女性が公然と酒を飲むようになったのは、女性の社会進出と
 地位の向上・社会的使命の多様化によるのであろう。
 社会に出たら付き合いが大切、少しはお酒が飲めるほうが良い、という
 のが世間常識になってきた。
 かくいう山さんも昔は「イッキ飲みは、酒をまったく知らないからだ。
 また社会にでたら、付き合い上、必ず飲まなければいけない。高校時代に
 酒の飲みかた、酒の酔いや怖さを知らせるべきだ」と、考えていた。
 そして娘と息子へ酒を飲ませた。

 5月31日、娘が乳がんの手術を受けた。39歳1児の母。日本酒が大好き。
 高校時代から山さんの晩酌につきあっていた。それで酒好きになった。
 いや、幼児の時から、酒を愛する父親、それに合わせる母親、そして
 やはり酒好きの祖父などの姿を見て育てば、酒好きになるのは当然だろう。
 一説によれば、アルコールの摂取が10グラム増えるごとに乳がんになる
 リスクが7%増えるという。酒と乳がんの関係は深いのである。

 山さんは、職業生活の上では、飲みニケーションで経営成績向上という
 成果は得たが、依存症対策をしなかったためにバス運転手による手痛い
 酒酔い運転事故に見舞われた。家庭においては、娘が乳がんとなった。
 天は実に無情である。
 山さん自身は、過去にあれだけ酒を飲んでも、今、こうして依存症にも
 ならず、健康に暮らしている。
 すると天の意志は、失敗の痛みを広く天下に知らしめよということでは
 ないか。
 農業開始以来、1万5000年。酒も1万年くらいの歴史はあろう。その中で
 若い女性に酒を飲ませまいとしてきた風習は意義深い。絶対に飲まして
 はならないのだ。
 「女性よ、コマーシャルに騙されて気楽に酒を飲むな」
 山さんは大声で叫びたい。
 娘に若いころから酒を飲ませた反省、いや悔しさをこめて。

=============================================================★
  5.ASKの活動ご紹介
==============================================================

 特定非営利活動法人ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)は、
 アルコール問題の予防に取り組む任意団体として1983年に設立、
 2000年にNPO法人になりました。1994年には、出版・研修の事業部
 門が(株)アスク・ヒューマン・ケアとなり、活動と事業の両面から
 予防を推進しています。

 ASKでは、「飲酒運転を防止するためには、アルコール依存症の
 早期発見・介入を視野に入れた総合的な予防対策が欠かせない」との
 認識のもと、2005年に飲酒運転対策特別委員会を発足させました。
 山村陽一委員長と今成知美ASK代表のリーダーシップのもと、被害
 者遺族・専門家・関係機関と連携しつつ、予防と再発防止の両面から
 本格的な飲酒運転防止対策に取り組んでいます。

 これまでに行なってきた活動は……

 ・被害者遺族による厳罰化署名運動や、生命のメッセージ展に協力
 ・運行管理者用テキストに「一歩踏み込んだ飲酒運転防止対策」執筆
 ・アメリカで酒気帯び運転で検挙された日本人に対して米国裁判所指
  定の教育プログラムを実施
 ・日本損保協会の「飲酒運転防止マニュアル」に執筆協力
  日本損保協会主催のシンポジウムに協賛し、全国各地で講演
 ・バス会社から運転手向けの予防プログラム「セルフケアスクール」
  を委託され、プログラムを開発
 ・「飲酒運転防止<通信スクール>」のプログラム開発
 ・職場の飲酒運転対策メルマガの発行
 ・啓発パンフ「飲酒運転 あなたは大丈夫?」制作
 ・代表今成がアメリカ・カリフォルニア州の飲酒運転再犯防止対策の
  視察、内閣府主催シンポジウムで報告
 ・国土交通省主催のシンポジウムで、山村、今成が発表
 ・今成がオーストラリア・ニューサウスウェルズ州の対策を視察
 ・国の「常習飲酒運転対策推進会議」で今成が海外視察報告
 ・「飲酒運転 懲戒処分事例の分析07・4・10」をまとめる
 ・研修用DVD「知って得する!アルコールの基礎知識」製作
 ・〔飲酒運転防止インストラクター養成講座〕を開始
  日本損害保険協会の助成で3年間に1000人の養成を目指す
 ・「飲酒運転 運転代行の落とし穴06・9~08・4」をまとめる
 ・「教職員の飲酒運転 懲戒処分事例の分析07・10~08・9」をまとめる
 ・山村が警察庁主催シンポジウムで報告
 ・内閣府、常習飲酒運転者対策についてのヒアリングで今成が報告
 ・特設サイト「職場の飲酒運転対策チェック!」を製作
 ・DVD「知って得する!アルコールの基礎知識」冊子化
 ・厚生労働省シンポジウムで今成が報告
 ・トイレットペーパー「飲酒運転防止(7つの落とし穴)」を製作
 ・「警察職員による飲酒運転事例の分析07~11」をまとめる

 ↓詳しくは、ASKのホームページをご覧ください↓
 http://www.ask.or.jp/dontdrivedrunk.html

=====================編集後記 *つぶやき*========================

 小樽商科大での急性アルコール中毒、福岡市の「禁酒令」と、押し寄せた
 マスコミからの取材に答えていて気づきました。

 私たちは社会の中で「飲酒」教育をされます。
 大学で、職場で、先輩からしこたま飲まされて、実地で飲み方を覚えるの
 です。
 ひとりで身につけるわけではありません。

 だとしたら、大学や職場から、アルコールの正しい知識を伝え、思い込みや
 誤解、危険な飲酒スタイルを修正するのは当然のこと!
 そうじゃありませんか?
 
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

 【職場の飲酒運転対策メルマガ】73号 12.6.14
                  
 発行 特定非営利活動法人ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)
    飲酒運転対策特別委員会
  
       〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町3-16-7-7F         
       Tel 03-3249-2551 Fax 03-3249-2553             
       URL http://www.ask.or.jp/ email ask-ddd★(★を@に変えてください)a-h-c.jp

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
プロフィール

ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)

Author:ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)
http://www.ask.or.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。