職場の飲酒運転対策メルマガ      バックナンバー

ASK飲酒運転対策特別委員会が無料配信している「職場の飲酒運転対策メルマガ」のバックナンバーです。

72号2012

★__________________________
 ☆ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     【職場の飲酒運転対策メルマガ】  
                  72号 12.5.15
                   ASK飲酒運転対策特別委員会
                   http://www.ask.or.jp/
    ___________________________☆
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄★

 飲酒運転防止への社会的意識の高まりを受けて、運輸業界をはじめ、
 さまざまな職場で、今、積極的な取組みが模索されています。
 このメルマガでは、ヒントになる事柄、役に立つ情報をお伝えして
 いきたいと思っています。

=================== このメールマガジンは ====================
 特定非営利活動法人ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)内に
 設置された飲酒運転対策特別委員会が、情報提供のために発行する
 ものです。
 ASKのホームページ http://www.ask.or.jp/ からご登録いただいた
 方に、月1回、無料で配信します。
===========================================================

━━━ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    1.インストラクター養成講座NOW!
    2.ASKからのお知らせ
    3.ニュースCLIP!
    4.山さんコラム No.70
    5.ASKの活動ご紹介
    6.編集後記 *つぶやき*

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  一度起こしてしまったら、
  時よ戻れ、といくら願っても、戻ることはない――

==============================================================★
  1.インストラクター養成講座NOW!
===============================================================

 ★第5期飲酒運転防止インストラクター養成講座、受付中です!

 刻々と定員に近づいています。
 お早めに、ホームページからお申し込みください。
   ↓   ↓   ↓
 http://www.ask.or.jp/ddd_instructor.html

 第1期~第4期に認定されたインストラクターの総数は1475名になりました!
 地区別には、北海道(77)/東北(114)/関東(484)/信越・北陸(78)/
 東海(151)/近畿(258)/中国(62)/四国(47)/九州(137)/沖縄(67)


 将来のスクーリング講師をめざす上級インストラクターも26名になりました。
 テレビ大分が上級インストラクターの徳永美保子さんを紹介してくれています。

 以下は、徳永さんからの報告です。

 …………………………………………
 ローカル局TOS(テレビ大分)の「ほっとはーと大分」に出演して、
 飲酒運転防止について話をしました。
 撮影のときは、カメラを前になかなかスムーズに運ばず緊張の連続でした。
 放映時、私は仕事中でしたが、見ていただいた方から
 「お父さんに酒の飲み方を変えてくれるよう話した」
 「友人に電話して『あなたの飲み方だと、翌日までお酒が残って飲酒運転
 になるよ』と伝えた」
 などの声がありました。

 先日、「飲酒運転撲滅のための法令順守」と題して2日間の講習を行ない
 ました。
 その後、受講されていた方から電話をいただき、
 「あんたの講習の話で職場がもちきり。飲み会ではみんな『今何単位?』
 と言い合っている。これまでいろんな講習を聞いてきたけど、こんなに話
 題になることはなかった。みんな自分のお酒の量には不安があったから、
 はっきり教えてもらって喜んでる」
 と、うれしい反応でした。
 実はこの講習で質問をした方が、あとから「自分は、アルコール依存症か
 もしれない」と言ってこられました。治療機関や自助グループなどの情報
 提供を行なっています。

 これからも講習が続きます。いただいた感想を糧に、正しい知識を伝えて
 いきたいと思っています。
 …………………………………………

 ★上級インストラクターはアルコール依存症についての研鑽も深めます。
 将来のスクーリング講師候補でもあります。
 助成枠は残りあと2名!
 認定インストラクターの方、挑戦しませんか?
 詳しくは以下のサイトをご覧ください。
   ↓   ↓   ↓
 http://www.ask.or.jp/ddd_inst_jyoukyuukibou.html

==============================================================★
  2.ASKからのお知らせ
=============================================================== 
 
 ★アルコール依存症について学ぶならASKの「通信講座」を!

 ASKアルコール通信講座は、アルコール依存症について学べる日本で唯一
 の通信教育です。
 1996年の開講から、治療援助者、ご家族、回復者、学生や関係者など、述べ
 3900人の方が受講してくださいました。
 「基礎クラス」は6冊のテキストで、依存症という病気/本人と家族の心理/
 イネイブリング/治療の勧め方/治療の意味/回復プロセス、の順に学んで
 いきます。
 上級インストラクターになるためには必須講座です。
 詳しくはこちらをご覧ください。
   ↓   ↓   ↓ 
 http://www.a-h-c.jp/tsuushin_alcohol.html

 <受講者の声>

 【県生活環境部 Tさん】
 交通安全推進班で交通安全教育講師をしています。飲酒運転の違反者の中に、
 アルコール依存症が疑われるケースや多量飲酒習慣もあり、そこに立ち入ら
 なければ飲酒運転による事故防止はできないと考え、受講しました。
 「介入クラス」では、多くのケースを学ぶことにより、場面場面での配慮の
 仕方や、成功のための事前準備やコーディネイトの必要性を理解することが
 できました。

 【総務・職場の車両管理担当 Tさん】
 那覇警察から講座を紹介された。「飲酒天国」と言われるまでの汚名をきせ
 られている沖縄県。少しでも改善に貢献したいと、受講を申し込んだ。
 「解答と解説」の内容は、職場の講義用として役立つ。イネイブラーが身近
 にいることにも気づいた。人間ドックの医師、会社の保健師、産業医、上司
 ……よく「節酒しましょう」と言うが、根底から考えを変えていく必要が
 あると感じている。プライベートな問題に組織として介入していく制度を
 作りたい。

 【刑務所 教育専門官 Mさん】
 ASKのホームページで知り、職務に役立つ情報・技術が得られると思い
 受講した。テキストは、詳しいだけでなくQ&Aもあり、参考になった。
 学習した内容は確実に役立っている。


 ★楽しく興味がわくASKの予防アイテム、ご活用ください。

  
 ●DVD&ハンドブック
 「知って得する!アルコールの基礎知識」
 http://www.ask.or.jp/ddd_dvd.html#book
 
 ●トイレットペーパー「飲酒運転防止(7つの落とし穴)」
 http://goo.gl/LhpCS

 ●体質ごとの飲酒リスクがわかる!
 ASKアルコール体質判定セット「かんたんジェルパッチ」
 http://www.a-h-c.jp/tool_taihan.html

==============================================================★
  3.ニュースCLIP!
===============================================================  

 小樽で、大学生9人が急性アルコール中毒で救急搬送されるという事態が起き
 ました。19歳の1年生が心肺停止で意識が戻りません。
 
 アルコールは楽しいときを演出してくれる反面、とりかえしがつかない事態
 を引き起こします。
 飲酒運転ニュースを追っていると、人生が暗転してしまう瞬間に居合わすか
 のような思いになります。
 時よ戻れ、といくら願っても、戻ることはないのです。

 引き続き今成が担当しています。
 お時間の許すかぎり、おつきあいください。

--------------------------------------------------------------

 1)寝付きをよくするために飲む?
 2)福岡で市民が協力 通報相次ぐ
 3)教師の飲酒運転がどうにも止まらない!
 4)罪の上塗りはしないで

--------------------------------------------------------------

 1)寝付きをよくするために飲む?

 群馬県の関越自動車道で7人が死亡した高速ツアーバス事故で、自動車運転
 過失致死傷容疑で逮捕された運転手(43)が、事故前日の朝、仮眠のために
 チェックインしたホテルで「早く眠れるよう酒を少し飲んだ」と話している
 ことがわかりました。

 ◎バス事故容疑者「眠れるよう」前日飲酒(5月7日 共同通信)

 事故後の飲酒検査では反応は出ていませんでした。しかし驚いたことに、バス
 会社「陸援隊」(千葉県印西市)は、出発前のアルコール検査を行なっていま
 せんでした。「(容疑者は)ほとんど酒を飲めない。飲む習慣もないため、特
 に飲酒の有無の確認は行なってない」と、社長が記者会見で述べたのです。

 同社の管理体制については、健康状態や道路状況の報告を求める点呼も適切に
 行なわれていないなど、数十件の違反を国土交通省が指摘しています。

 「寝酒」にかかわる別の事件もありました。

 近畿日本鉄道が9日、名張列車区(三重県)の運転士と車掌計15人が、宿泊所
 の食堂などで飲酒していたと発表したのです。
 匿名の投書が届き、203人に聞き取りをした結果、判明したといいます。

 ◎「寝付きをよくしたかった」近鉄列車区で運転士らが飲酒(5月9日 産経新聞)

 運転士らは、翌日の勤務に備えて宿泊する際、ペットボトルに入れた焼酎や
 缶ビールを持ち込み、30分~1時間飲酒していました。約2年前から月2、3回は
 飲酒していたという運転士もいて、「寝付きをよくしたかった」と言っています。
 社内施設での飲酒や勤務開始前8時間以内の飲酒は内規で禁止されています。

 寝酒は、シフト勤務の人たちが陥りやすい罠です。
 アルコールが残りやすいだけでなく、自然な睡眠のパターンをこわします。
 アルコール依存症にも直結する飲み方で、いいことはありません。
 運転手さんには、アルコールなしで眠る方法を伝える必要があるのです。
 これは、飲酒運転防止インストラクターの使命の1つです。


 *飲酒運転防止インストラクター養成講座
  ↓ ↓ ↓
 http://www.ask.or.jp/ddd_instructor.html

 *DVD&ハンドブック
 「知って得する!アルコールの基礎知識」
 http://www.ask.or.jp/ddd_dvd.html#book
 

 2)福岡で市民が協力 通報相次ぐ

 4月1日に施行された福岡県飲酒運転撲滅条例では、コンビニなどの事業者に
 来店者が飲酒運転する恐れがあるときは警察への通報を義務づけています。
 その効果か、通報による検挙が増えているようです。

 ◎酒気帯び運転:疑いで3人逮捕…通報で発覚も(4月16日 毎日新聞)
 ◎飲酒運転の男を逮捕(5月7日 福岡放送)

 4月16日未明、福岡で3人が酒気帯び運転で相次いで逮捕されましたが、うち
 2人は一般人からの通報がきっかけでした。
 1人目は、コンビニエンスストアの店員が「車で来た客が酒を飲んでいるよう
 だ」と110番。駆けつけた警察官が近くの市道を走っていた軽乗用車に停止を
 求めたところ、運転していた自称トラック運転手(49)から呼気0.65mg/lの
 アルコールが検出されました。
 2人目は市民が「蛇行運転している車があり、飲酒運転ではないか」と通報。
 軽乗用車を運転していた無職男性(49)を逮捕しています。
 5月6日夜にも、「酒の臭いがする男がスーパーの駐車場から車で出ていった」
 という市民の通報で、39歳の自称会社員の男が逮捕されました。基準値の3倍の
 アルコールが検出されました。
 県警もコンビニを重点的に巡回し、取り締まりの協力を要請しているようです。

 ところがです。ここまで飲酒運転撲滅の機運が高まる福岡で、小学校の教頭が
 飲酒運転で摘発されました……。


 3)教師の飲酒運転がどうにも止まらない!

 それは4月20日未明のこと。摘発されたのは、福岡市立の小学校教頭(50)です。

 ◎教頭が酒気帯び運転「迷い…」翌日報告(4月21日 共同通信)

 教頭は同僚2人と、飲食店でビール小ジョッキ2杯と焼酎ロック3杯を飲みました。
 その後に店の近くに止めてあった車を運転。警察官に停止を求められ、基準を
 上回るアルコールが検出されました。
 「1時間程度歩いたのでアルコールが抜けたと思った。(報告が21日になっ
 たのは)迷いがあり恐ろしかった」と話しています。

 ◎酒気帯び逮捕は精華女子高教諭(5月14日 読売新聞)

 これでとどまらず、12日午後7時には、福岡市の私立女子高校の教諭(55)が
 乗用車を運転中に別の車と衝突、基準値を上回るアルコールが検出されました。
 昼食時に自宅で500mlの缶ビール1本を飲んだあと、午後3時過ぎに車でスー
 パーとホームセンターに買い物に行き、いったん帰宅。クレジットカードを紛失
 したことに気づき、車でスーパーなどを再訪、帰宅途中に事故を起こしました。 

 ◎対策進めても…新年度早々、教諭が飲酒運転 昨年度6人(4月17日 山口新聞)

 山口県も同じ状況に悩んでいます。
 公立学校で、教職員による酒気帯び運転が後を絶たないのです。
 2011年度は、前年度の2倍の6人が酒気帯び運転で懲戒処分を受けました。

 4月16日に懲戒免職処分になった下関市の男性小学校教諭(57)は、3月19日
 午後7時頃、実家でウイスキーをストレートで200ml飲み、2~3時間仮眠。
 「子どもに会いたくなった」と帰宅中、蛇行運転しているところをパトロール
 中の警察官に発見されました。
 この教諭は、1986年にも酒気帯び運転で摘発されて減給6ヵ月懲戒処分を受け
 ており、校長から飲酒に関する注意や個別指導を計52回受けていたといいます。

 52回!!! 説教ではなく依存症の診断を勧めてほしかった……。

 ◎懲戒免職:飲酒で人身事故の教諭を 神戸市教委(4月28日 毎日新聞)

 神戸では、市立中学の男性教諭(60)が酒気帯び運転による人身事故を起こし
 たとして、懲戒免職処分になりました。
 教諭は春休みの4月4日夕、自宅から公園まで花見に出掛けた際に近くの酒店で
 酎ハイ1杯、日本酒1合を飲んだ後また車に乗り、交差点で自転車の男性に
 接触して軽傷を負わせ、現行犯逮捕されました。
 この教諭は、「過去にも年に数回、家の近所に行く際に酒を飲んで運転し、
 家族に注意されたこともあった。今回も、最初は酒を飲むつもりはなかった、
 がつい飲んでしまった」と話しています。
 
 「飲むつもりはなかったが、つい飲んでしまう」のは依存症の兆候です。

 ◎坂戸の小学校長飲酒運転:県教育長「信頼を損なう」(5月11日 毎日新聞)

 そして埼玉県では、5月9日午後9時45分頃、小学校長(58)が酒酔い運転で
 ガードレールに衝突して顔に軽傷を負いました。呼気0.5mg/lのアルコール
 が検出。
 「自宅で日本酒と焼酎を飲んだ後、スルメが食べたくなりコンビニに行った
 が道に迷った」と供述しています。

 ……これも、アルコール依存症が疑われるケースです。
 教職員に対するアルコール研修と、依存症傾向にある人への介入が急務です。


 *教職員による飲酒運転 懲戒処分事例の分析(2008年) 
  ↓ ↓ ↓
 http://www.ask.or.jp/ddd_case3.html


 4)罪の上塗りはしないで

 飲酒運転ニュースを見ていると、人生を考えさせられます。

 ◎飲酒で免許取り消し市職員、ごみ収集運転5か月(5月2日 読売新聞)

 熊本市は5月1日、無免許運転を続けていた市環境局の職員(48)を懲戒
 免職としました。
 職員は昨年9月、病気休暇中に阿蘇市・大観峰へ車で向かい、現地の駐車場
 で500mlの缶ビールを飲み、車で下山。観光客からの通報で駆けつけた警察
 官に検挙されました。
 職員は、警察官には無職とうそをつき、市にも報告せず、昨年11月25日に
 免許を取り消された後も、市のごみ収集車を運転していていました。
 今年4月13日に「怖くなった」と上司に報告するまでの5ヵ月、生きた心地
 がしなかったことでしょう。

 ◎飲酒運転で交番に 女を逮捕(5月4日 福岡放送)

 5月4日朝、北九州市で、酒酔い運転で交番に乗りつけた女(43)が逮捕
 されました。
 女は午前6時過ぎ、車を運転して交番に来ましたが、酒に酔っていたため
 警察が調べたところ、基準値の2倍のアルコールが検出されました。
 なんで警察に乗りつけたのでしょう?
 理由は「内縁の夫とのけんかをめぐる警察の処置に不満があった」から。
 そして車には、内縁の夫も同乗していました。
 警察は、同乗していた内縁の夫も、飲酒運転ほう助の疑いで取り調べて
 います。

 ◎飲酒運転逃れで身を隠した男、ついでにのぞき? (5月4日 読売新聞)

 5月3日、アパートに住む女性(21)から「男が風呂場を窓からのぞいている」
 との110番通報が! 神奈川県警の署員が、アパートの階段にいた男を住居
 侵入の疑いで逮捕しました。
 男は大学職員(40)で、「ワインを飲んだのに車を運転していたので、パ
 トカーを見て捕まると思い、車を止めてアパートに逃げた」と述べています。

 ◎酒気帯び事故の市職員、警察来るまでにもう1本(5月12日 読売新聞)
 秋田市は11日、酒気帯び運転容疑で4月28日に逮捕された市民課職員(42)
 を、懲戒免職にしました。
 夜、同僚の歓送迎会でビール500mlと日本酒2合を飲んだ後、軽ワゴン車を
 運転、接触事故を起こしたのです。
 職員は、現場に警察が到着するまでに、近くのコンビニで缶ビール1本を
 購入して飲んでいました。人事課は、これを「飲酒運転を隠匿する目的
 としか考えられない」と判断、悪質とみて免職を決めました。
 職員は「トイレに行きたくてコンビニに入った。なぜそんなことをしたの
 か自分でもわからない」と話したといいます。


 ピタゴラスはこんな言葉を残しています――
 「酩酊はいっときの発狂」

=============================================================★
   4.山さんコラム No.70
==============================================================

 ASK飲酒運転対策特別委員会委員長
 元・JRバス関東株式会社会長     山村陽一


 ◆酒は料理をうまくするか?

 酒の効用としてよく言われるものが3つある。
 コミュニケーションに役立つ、ストレス解消になる、料理をうまくする。
 前の2つが本当かどうか、すでにコラムで検証済み。
 今回は最後の1つをテーマにしてみよう。

 しばしグルメ談議におつきあい願いたい。
 日本料理は日本酒、フレンチにワイン、中華には老酒が欠かせない、と
 言われる。
 桜鯛の刺身、白い身に薄紅色の皮つきを、厚めに切る。弾力のある一切れ
 に、わさびをのせ、少し醤油をつけていただく。上品な甘みとかぐわしい
 脂の旨みが口いっぱい広がる。その余韻を淡麗辛口の酒で一気に洗う。
 鯛はうまい、酒も引き立つ。春を感じる相乗効果。
 生かきにレモンをかけ、殻から直接、口にはこぶ。豊かな味が海の香りと
 ともに咽喉を滑り込む。ここで、冷えたシャブリ。甘みのない硬質なキリッ
 としまった白ワインが舌を新鮮にする。すぐ次のカキに手がでる。半ダース
 はあっという間。グラスも空に。
 鯉の丸揚げ、北京ダック、東披肉、どれも技を尽くした料理だが、料理だけ
 を食べるのでは、なんとなく物足りぬ。熟成した老酒が欲しい。濃い味わい
 とひねた香りながら酸味もほどほどで後味がさっぱりした老酒だ。中華の
 肉料理は、脂で処理し濃厚な味付けで魚や肉の「くせ」をなくしているから、
 老酒で口中を清めないと、次の一口がうまくない。

 英国に、うまいものがないと人は言う。初めてロンドンのパブに入った時、
 1パイントの生ビールとフィッシュアンドチップスに愕然。世界中に安く
 てこんなにうまいものの組み合わせはないと思った。
 ニューヨークでは、ハンバーガーにバドワイザー。コレ、ほんとにうまい。
 酒飲みには物足りないさっぱりしたビールが、これまた子どもじみた味の
 ハンバーガーにぴったりなのである。(気候風土のせいか東京ではダメ。
 念のため)

 以上は、酒が料理を、料理が酒をうまくし、またそのように発達してきた
 ことの証し。酒が食欲を増進する効用があるのは当然だろう。
 食べ過ぎれば、酒の味は台無し。
 飲みすぎれば、料理も酒の良し悪しもわからない。ただ口にいれ胃へ流し
 込むだけ。
 酒・肴を選ばずとは酒豪の言だが、歴代のシェフ・杜氏たちが何千年も
 かけて工夫を重ねてきた精妙な料理・酒の良さを「無視する」のは、文化
 の否定、破壊だ。美食家・愛酒家なら絶対に「過ごさぬ」はずと、山さん
 「耳順」にして開眼した。
 ※耳順=じじゅん。60歳のこと。

 酒のうまさも、料理の美味しさも「節度ある適度な量」にかかっている。
 この「量を自在にコントロールして、真に美味さを楽しむ」には、知識や
 心がけに加えて、酒食スキルの訓練が必要だ。酒、料理、両方に共通の
 コツを伝授したい。

 1、少しずつ口にいれ、時間を十分にかけて味わうこと。
 おいしい刺身を2・3回かんだだけで飲み込んでは、真のうまさはわから
 ない。ためしに30回噛んでみよう。良い刺身と悪いものがはっきりする。
 前者は、最後まで香しい。後者は生臭くて耐え切れない。
 酒にしても、まず香りをかぎ、特徴をつかむ。次にわずかな量を口に
 ふくんで香りと刺激、味(甘い、辛い、酸っぱさ、苦味)を確かめる。
 飲み込んだあとも、あわてずに残り香と味と切れとを楽しむ。
 そして刺身。今度は10回ほどかめば良い。そして酒と肴の相性も感じとり
 たい。
 なめるがごとく酒を味わい、よくかんで肴を楽しみ、またちびりと味わっ
 て行けば、1合の酒が実に適度な量だと実感できる。

 2、飲まない日の食べ方を工夫すること。
 毎日、酒と肴の繰り返しは、マンネリ化する。また、どうしても酒量が
 増える。
 週に2回は、酒なしの食事を楽しみたい。
 日本の料理には、なんといっても「ご飯」がお似合い。お通し、お造り、
 焼物、煮物、揚物、すべてに良い。会席・懐石料理でも酒を飲まない日は、
 初めからご飯を注文する。料理が引き立つことは確実。
 フレンチにはフランスパン。メイン料理にかかっているソースをつけて
 食べよう。マナーに反するものではない。北アフリカからトルコ・インド
 にかけては、平たく焼いたパン(例、ナン)を、このように料理の汁に
 つけて食べるのが普通。
 ソーセージにライ麦パン。春タマネギのスライスと共に。これらは単独
 ではうまくない。
 ハンバーガーなら、ニューヨークのコカコーラがとてもあう。
 中華料理は「ご飯」、コシヒカリなら冷や飯でも十分。熱々の料理をのせ
 れば、すべてが○○どんぶりになる。高級なお店なら一口ずつ匙でかけて
 食べればよい。麺、でもよい。

 3、飲まなかった日の翌日の酒のうまいこと、天下一品。
 このうまさを知らぬ酒飲みは不幸。
 粗食(冷飯に水をかけ、沢庵漬で、サラサラと食う)を知らぬ美食家も
 不幸。

 酒と食欲増進を結びつけたのは、昔から飽食を続けたぜいたくな人々。
 美酒、奇酒、豪華料理、珍味の開発功労者かもしれないが、真の美食家
 でも愛酒家でもあるまい。
 現代、酒と料理を結びつけたがるのは、酒造メーカーや飲食店の売り上げ
 増進をもくろむ人々。
 メーカーは家庭での酒の消費増大をねらい、宣伝にはげむ。
 TVにはビールをグイグイ飲んで、ハアーうまいとのポーズがあふれる。
 味は一気に飲む「咽喉ごし」を強調する。
 料理店でも、手間も原価もかかる料理に比べて、日本酒やワインなら、
 ほんの少しの手間で原価の3倍くらいの収入が得られる。たくさん飲んで
 もらえば売り上げが増す。
 だが本来、酒をうまくし料理を美味しくする方法は「ちびり、ちびり」
 「少しずつよく噛んで」である。
 それに現代日本では、食欲増進する必要はない。

 「ゴクゴク、パクパク」のコマーシャルは、お客様へ害をおよぼすばかり。
 メタボ、生活習慣病、依存症、死に至る道だ。
 「酒は、コミュニケーションに役立つ、ストレス解消になる、料理をうま
 くする」
 ……冷静に考察すれば、これはいずれも、大酒飲み、酒造メーカー、料理
 店にとっての効用だった。
 酒の効用、よくよく吟味あれ。

=============================================================★
  5.ASKの活動ご紹介
==============================================================

 特定非営利活動法人ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)は、
 アルコール問題の予防に取り組む任意団体として1983年に設立、
 2000年にNPO法人になりました。1994年には、出版・研修の事業部
 門が(株)アスク・ヒューマン・ケアとなり、活動と事業の両面から
 予防を推進しています。

 ASKでは、「飲酒運転を防止するためには、アルコール依存症の
 早期発見・介入を視野に入れた総合的な予防対策が欠かせない」との
 認識のもと、2005年に飲酒運転対策特別委員会を発足させました。
 山村陽一委員長と今成知美ASK代表のリーダーシップのもと、被害
 者遺族・専門家・関係機関と連携しつつ、予防と再発防止の両面から
 本格的な飲酒運転防止対策に取り組んでいます。

 これまでに行なってきた活動は……

 ・被害者遺族による厳罰化署名運動や、生命のメッセージ展に協力
 ・運行管理者用テキストに「一歩踏み込んだ飲酒運転防止対策」執筆
 ・アメリカで酒気帯び運転で検挙された日本人に対して米国裁判所指
  定の教育プログラムを実施
 ・日本損保協会の「飲酒運転防止マニュアル」に執筆協力
  日本損保協会主催のシンポジウムに協賛し、全国各地で講演
 ・バス会社から運転手向けの予防プログラム「セルフケアスクール」
  を委託され、プログラムを開発
 ・「飲酒運転防止<通信スクール>」のプログラム開発
 ・職場の飲酒運転対策メルマガの発行
 ・啓発パンフ「飲酒運転 あなたは大丈夫?」制作
 ・代表今成がアメリカ・カリフォルニア州の飲酒運転再犯防止対策の
  視察、内閣府主催シンポジウムで報告
 ・国土交通省主催のシンポジウムで、山村、今成が発表
 ・今成がオーストラリア・ニューサウスウェルズ州の対策を視察
 ・国の「常習飲酒運転対策推進会議」で今成が海外視察報告
 ・「飲酒運転 懲戒処分事例の分析07・4・10」をまとめる
 ・研修用DVD「知って得する!アルコールの基礎知識」製作
 ・〔飲酒運転防止インストラクター養成講座〕を開始
  日本損害保険協会の助成で3年間に1000人の養成を目指す
 ・「飲酒運転 運転代行の落とし穴06・9~08・4」をまとめる
 ・「教職員の飲酒運転 懲戒処分事例の分析07・10~08・9」をまとめる
 ・山村が警察庁主催シンポジウムで報告
 ・内閣府、常習飲酒運転者対策についてのヒアリングで今成が報告
 ・特設サイト「職場の飲酒運転対策チェック!」を製作
 ・DVD「知って得する!アルコールの基礎知識」冊子化
 ・厚生労働省シンポジウムで今成が報告
 ・トイレットペーパー「飲酒運転防止(7つの落とし穴)」を製作
 ・「警察職員による飲酒運転事例の分析07~11」をまとめる

 ↓詳しくは、ASKのホームページをご覧ください↓
 http://www.ask.or.jp/dontdrivedrunk.html

=====================編集後記 *つぶやき*========================

 ASK事務所の中にある研修室の小さなバルコニーで、鳩の卵が孵りました。
 日々成長する雛を、みんなでそっと見守っていたある日、雛は消えました。
 カラスにやられたのではないか、という線が濃厚……。

 自然界は厳しいですね。
 
 竜巻・雷・雹……不安定な気候が続いています。
 天気予報が日々気になります。
 
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

 【職場の飲酒運転対策メルマガ】72号 12.5.15
                  
 発行 特定非営利活動法人ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)
    飲酒運転対策特別委員会
  
       〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町3-16-7-7F         
       Tel 03-3249-2551 Fax 03-3249-2553             
       URL http://www.ask.or.jp/ email ask-ddd★(★を@に変えてください)a-h-c.jp

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
プロフィール

ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)

Author:ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)
http://www.ask.or.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク