職場の飲酒運転対策メルマガ      バックナンバー

ASK飲酒運転対策特別委員会が無料配信している「職場の飲酒運転対策メルマガ」のバックナンバーです。

71号2012

★__________________________
 ☆ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     【職場の飲酒運転対策メルマガ】  
                  71号 12.4.16
                   ASK飲酒運転対策特別委員会
                   http://www.ask.or.jp/
    ___________________________☆
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄★

 飲酒運転防止への社会的意識の高まりを受けて、運輸業界をはじめ、
 さまざまな職場で、今、積極的な取組みが模索されています。
 このメルマガでは、ヒントになる事柄、役に立つ情報をお伝えして
 いきたいと思っています。

=================== このメールマガジンは ====================
 特定非営利活動法人ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)内に
 設置された飲酒運転対策特別委員会が、情報提供のために発行する
 ものです。
 ASKのホームページ http://www.ask.or.jp/ からご登録いただいた
 方に、月1回、無料で配信します。
===========================================================

━━━ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    1.インストラクター養成講座NOW!
    2.ASKからのお知らせ
    3.ニュースCLIP!
    4.山さんコラム No.69
    5.ASKの活動ご紹介
    6.編集後記 *つぶやき*

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  お花見に続く、新人歓迎会のシーズン、
    乾杯の席にアルコールしかない、なんてことないですね?
      帰りはもちろん、翌朝の飲酒運転にも気をつけましょう

==============================================================★
  1.インストラクター養成講座NOW!
===============================================================

 ★第5期飲酒運転防止インストラクター養成講座、受付中です!

 お早めに、ホームページからお申し込みください。
   ↓   ↓   ↓
 http://www.ask.or.jp/ddd_instructor.html

 以下は第5期参加者の声。
 運輸以外の方々の声をご紹介します。
 
 ●介護系会社
 訪問看護・訪問リハビリなど車の移動が多く、会社でも交通事故防止について
 は力を入れているが、「飲酒運転防止」の視点での介入は不十分なので。

 ●企業人事管理
 就業規則改定にあたり、飲酒運転等危険運転についての規則を作りました。
 インストラクターの資格を取得し、社内啓発に役立てたいと考えました。

 ●産業保健師
 肝機能異常者に対しての健康指導の際に、飲酒に対して間違った知識を持って
 いたり自分に都合よく解釈している方が多い。正しい知識を普及したいため。

 ●地域団体
 商店街の飲食店等の店主にアルコールの知識を高めてもらう。
 以前バス会社で運行管理者として従事していた経験を生かしたい。

 ●総合レジャー温泉施設
 お客様の大半が年配の方で飲酒運転に関する知識が乏しい。送迎バス運転手や
 従業員一同に飲酒運転の重大さを認識してもらい、一丸となって、お客様及び
 会社全体のモラルを上げ、事故をなくしたい。

 ●メーカー物流子会社
 アルコール検知器を当社の全ての物流センター受付に設置し、チェックを行
 なっています。アルコールが検知されるケースは、社内の重大トラブルの
 最大要因。なんとかアルコールトラブルを撲滅したく応募します。

 ●専門病院スタッフ
 アルコールの勉強がしたくて依存症の専門病院に就職し、断酒会等の活動も
 知ることができました。飲酒運転撲滅のために正しい知識を学びたいので
 応募します。病棟内でも活かしていくことができると思います。 

==============================================================★
  2.ASKからのお知らせ
=============================================================== 
 
 ★イッキ飲み・アルハラ防止キャンペーン2012、開催中です!

 アルハラ(アルコール・ハラスメント)という言葉をご存知でしょうか?
 飲酒の強要やイッキ飲ませ、飲まない人への配慮を欠くこと、酔った上で
 の迷惑行為などが含まれます。

 ASKが事務局を務める「イッキ飲み防止連絡協議会」が現在、キャンぺ
 ーンを実施しています。
 お酒を断るときに使える、ユーモアたっぷりのお助けアイテムを無料で
 プレゼントします。

 ●スマホ向け「アルハラ断りマウス!アプリ」無料ダウンロード
 ●「アルハラ断りマウス!ウチワ」2000セット無料送付(先着順)

 詳しくはこちらを。申し込みもできます。
   ↓   ↓   ↓  
 http://www.ask.or.jp/ikkialhara_campaign.html 

 ★トイレットペーパーを4607個!

 ある運輸会社から、「すべての従業員に行き渡るように、営業所ごとに
 個数を指定して配送してもらえますか?」という問い合わせがあり、
 細かい指示書が届きました。合計4607個!
 数がまとまったご注文の場合には、特別な対応も可能です。
 どうぞお問い合わせください。 
  
 【トイレットペーパー「飲酒運転防止(7つの落とし穴)」】
  ↓   ↓   ↓
  http://goo.gl/LhpCS

 ★社内の飲酒運転防止対策に、こちらもご活用ください。

 ●DVD&ハンドブック
 「知って得する!アルコールの基礎知識」
 http://www.ask.or.jp/ddd_dvd.html#book

 ※DVD140枚、冊子1000部といった注文もきています。

 ●体質ごとの飲酒リスクがわかる!
 ASKアルコール体質判定セット「かんたんジェルパッチ」
 http://www.a-h-c.jp/tool_taihan.html

 ※楽しく興味がわく予防アイテムです。

==============================================================★
  3.ニュースCLIP!
===============================================================  

 お花見での救急搬送が「東日本大震災が起きた昨年の8倍弱、一昨年と比べ
 ても5倍以上」という東京消防庁の発表がありました。
 昨年の自粛ムードの反動でしょうか。
 気のゆるみは、飲酒運転にもつながっているようです。

 実際、3月半ばから4月半ばにかけて、飲酒運転がらみのニュースが非常に
 多く、何をニュースCLIPするか迷いました。

 というわけで、今号は大容量でお届けします。
 新人の準備が整うまで、今成が担当しています。
 お時間の許すかぎり、おつきあいください。

--------------------------------------------------------------

 1)福岡から目が離せない!
 2)同乗者に飲酒運転制止義務の判決
 3)春の交通安全運動の真っ只中、警察官が飲酒運転!
 4)全国で相次ぐ「教師」の飲酒運転
 5)立木に衝突・売店に突っ込む・逆走…高齢者のケース
 6)水上バイクの飲酒運転も法律で禁止
 7)インターロックの技術指針が策定
 8)驚きの飲酒運転実態調査結果…沖縄

--------------------------------------------------------------

 1)福岡から目が離せない!

 4月1日に全国初の罰則付き飲酒運転撲滅条例を施行した福岡県で、さまざま
 な動きがありました。

 ●罰則は9月21日施行(4月13日 読売新聞)
 県は、条例に盛り込んでいる罰則条項を、準備期間を置いて9月21日から施行
 することを決定。

 ●福岡県議会が国に法整備要請の意見書(3月24日 毎日新聞)
 県議会が政府・国会に対する「飲酒運転撲滅に向けた法制度整備を求める
 意見書」を可決。危険運転致死傷罪を飲酒運転に適用しやすいよう見直し
 て抑止効果の向上を求めるほか、常習者やアルコール依存症対策を含めた
 法整備を進めるよう提言。

 ●福岡市が飲酒後に車窃盗の消防局員を懲戒免職(3月23日 九州放送)
 福岡市が、酒を飲み帰宅する際に盗んだ車を酒気帯び運転した消防局職員を
 懲戒免職にしたと発表。
 消防局によると、この消防士は以前から酒を大量に飲めると話し、飲み過ぎ
 で酩酊状態になることが度々あったとのこと。また、飲酒した翌日、知らな
 い自転車が自宅付近にあったことが何度かあり、自分が盗んで乗って帰った
 かもしれないと同僚に話していたという。
 (飲酒時の記憶がとぎれるのをブラックアウトと呼ぶ。問題飲酒の兆候)
 消防局は、こうした事態を把握していなかった。

 ●医療関係者が街頭活動(4月12日 朝日新聞)
 医療関係者が遺族と連携して、行橋市の街頭2ヵ所で、飲酒運転根絶やアル
 コール依存症の早期治療を促すキャンペーンを実施。行橋記念病院のアル
 コール担当看護師は「飲酒運転をやめられない人の半数がアルコール依存症
 というデータがあり、根絶には早期治療が重要。ぜひ相談してほしい」と
 語っている。

*福岡県飲酒運転撲滅運動の推進に関する条例
  ↓ ↓ ↓
 http://www.gikai.pref.fukuoka.lg.jp/insyu-jyorei.pdf


 2)同乗者に飲酒運転制止義務の判決

 刑事に続いて民事でも、「同乗者に飲酒運転を止める義務があった」という
 判断が下されました。

 ◎飲酒死亡事故で 1億円賠償命令(3月28日 朝日新聞)

 2008年に熊谷市で起きた死亡事故をめぐり、遺族4人が計約1億3500万円の損害
 賠償を求めた訴訟の判決が3月27日東京地裁であり、飲酒運転者と同乗者2人、
 保険会社に計約1億円の支払いが命じられました。
 裁判長は同乗者の責任について、「運転することの了解を求められた時点で、
 相当深酔いしていることを認識しており、制止する義務があった」と指摘し
 ました。
 同乗者は、運転者の勤務先の先輩で一緒に飲酒しており、刑事(裁判員裁判)
 では危険運転致死傷罪のほう助罪が適用されています。

 神奈川県では、夫の飲酒運転を制止せずに同乗したとして、59歳の女性教師が
 減給6カ月(10分の1)を受けました。女性教師の夫は、飲酒運転で人身事故を
 起こしたとのことです。

 ◎わいせつなどで教諭4人を懲戒処分 神奈川県教委(3月28日 産経新聞)

 同乗者が止めることで、防げる飲酒運転はたくさんあります。
 その勇気を持てるかどうかが、結果を大きく変えます。


 3)春の交通安全運動の真っ只中、警察官が飲酒運転!

 一人目は、宮城県警の元警察署長(65)です。
 現行犯逮捕されて、「酒は飲んだが車は運転していない」ってどういうこと?

 ◎飲酒運転の疑い、元署長を逮捕 宮城県警(4月9日 日本経済新聞)

 4月8日正午前、仙台市内の市道で車を止めて寝ているのを通行人が見つけ、
 「車の中に具合が悪そうな人がいる」と119番。救急隊員が声をかけると、車を
 発進させ、約10分間ノロノロ運転して隣町の駐車場で停車しました。
 救急隊員の連絡を受けて駆けつけた警察官が職務質問。酒の臭いがしてふらつく
 状態だったため現行犯逮捕したところ、元警察署長だったというわけです。
 「昨日の夜、酒を飲んだが、酒酔い運転はしていない」と容疑を否認。

 理解に苦しむ言い訳です。よほど酔っていたのでしょう。

 広島では、現職の警部補(58)が酒気帯び運転でバスに衝突しました。

 ◎交通安全運動なのに…警官が飲酒運転、追突事故(4月10日 読売新聞)

 4月8日午後9時過ぎ、乗用車がバス停に停車中の路線バスに追突。通報で駆け
 つけた署員が飲酒検知したところ、呼気0.2mg/lのアルコール分が検出。
 その日は午前8時半まで働き、その後は非番だったということです。
 「自宅で缶ビール2本と焼酎の水割りを飲んだ」と供述しています。

 3人目は兵庫の巡査部長(27)。飲酒運転ではありませんが、酔ってこんな
 不始末を起こしてしまいました。

 ◎飲酒し捜査書類を一時紛失 尼崎北署の巡査長(4月9日 神戸新聞)

 巡査長は4月8日正午から、神戸・三宮の飲食店で同課の上司や同僚らと飲酒。
 午後2時45分頃、上司と別れて帰宅しようとしましたが、眠って乗り過ごし、
 午後7時頃、持ち歩いていたショルダーバッグがないことに気づきました。
 そこには、暴行事件の容疑者の写真や別の窃盗事件の被害届、自身の制服が
 入っていたのです。
 巡査長には、上司と別れてから目覚めるまでの記憶がありません。
 (前述のブラックアウトです)

 バッグは午後5時半過ぎ、駅員が発見しており、事なきを得ました。
 しかし、なぜ持ち出し厳禁の捜査書類を持ち出したのか。
 巡査長は「関係者から事情を聴く前に見直していたところ、歓迎会の時間が
 来たためロッカーに戻さず持ち出した」と話しています。
 情報が流出したら一大事でした。

 歓迎会シーズン、落とし穴は飲酒運転だけではないことを心しましょう。

 *警察職員による飲酒運転 事例の分析(2011年)
  ↓ ↓ ↓
 http://www.ask.or.jp/ddd_case4.html


 4)全国で相次ぐ「教師」の飲酒運転

 依存症の疑いがあるケースも見受けられます。教師への対策が必要です。

 ●大阪/中学校長(57)(3月30日 読売新聞)
 3月30日、飲食店で同僚と酒を飲んだ中学校長が、帰宅中に道路そばの柵に衝突
 する事故を起こし現行犯逮捕。

 ●埼玉/特別支援学校小学部教諭(40代)(4月4日 日刊スポーツ)
 3月28日未明、信号待ちで止まっていたワンボックスカーに追突。27日夕に仕事
 を終え、深夜から浄水場の駐車場に止めた車内で焼酎のウーロン茶割りを2杯
 飲んだ。約3時間寝た後、車で帰宅する途中だった。

 ●徳島/小学校教諭(40代)(4月8日 毎日新聞)
 4月6日午前1時半過ぎ、鳴門市内の自宅近くで、酒気帯び検挙。5日夜に知人と
 飲食店で酒を飲んで帰宅後、近くのコンビニに酒を買いに行った帰りだった。

 ●神奈川/高校教諭(39)(4月12日 読売新聞)
 4月12日午前1時50分頃、居酒屋で日本酒を飲んだ後に乗用車を運転し、赤信号
 で止まっていた乗用車の左脇に接触したまま逃走。呼気0.35mg/lのアルコール
 が検出。

●岩手/中学校の男性教諭(34)(4月15日 読売新聞)
 4月11日夜、宮古市の居酒屋とスナックでビール2本とウイスキー3杯を1人で飲ん
 だ後、乗用車を運転。午後11時頃にでスリップしてガードレールに衝突。

 *教職員による飲酒運転 懲戒処分事例の分析(2008年) 
  ↓ ↓ ↓
 http://www.ask.or.jp/ddd_case3.html


 5)立木に衝突・売店に突っ込む・逆走…高齢者のケース

 高齢者の飲酒事故が目立ちます。しかも、大きな事故に発展しています。

 ●61歳男性(3月15日 時事通信)
 3月15日午後3時55分頃、福島県いわき市の交差点で、酒気帯び運転の乗用車が
 道路脇の立ち木に衝突。弾みで木が倒れ、下校中の小学生の女児4人が下敷き
 になるなどして負傷。

 ●70歳男性(4月5日 中京テレビ)
 4月5日朝、名古屋市守山区の東名高速道路下りパーキングエリアで、酒気帯び
 運転の車が売店に突っ込んだ。直前、ジグザグに走行しているところを目撃
 されていた。

 ●71歳男性(4月9日 テレビ金沢)
 4月9日午後1時過ぎ、金沢市で飲酒運転の軽トラックが走行中、交差点で誤っ
 て対向車線に侵入。そのまま70メートルほど逆走し、対向してきた大型トラック
 や軽自動車など4台に衝突。「市内の飲食店で日本酒を飲んだ」と供述。


 6)水上バイクの飲酒運転も法律で禁止

 水上バイクの事故が多発していることを受け、運輸安全委員会は、国土交通相
 に対して、安全指導の徹底を申し入れました。

 *水上オートバイによる船舶事故防止に関する意見について
  ↓ ↓ ↓
 http://www.mlit.go.jp/jtsb/shiphoukoku/ship-iken7_20120330.pdf

 3月31日のFNNニュースによると、3年半の間に衝突事故などが126件発生して
 いて、21人が死亡し142人が負傷。事故を起こした人のうち、23人は無免許で、
 10人は飲酒運転だったといいます。

 水上バイクの運転には免許が必要で、飲酒運転は禁止されています。
 夏に向けて、注意喚起する必要があります。


 7)インターロックの技術指針が策定

 国土交通省は4月4日、ドライバーが酒気を帯びているとエンジンを始動でき
 ないようにする「呼気吹き込み式アルコール・インターロック装置」の技術
 指針を策定したと発表しました。詳しくは、国交省のサイトをご覧ください。

 *呼気吹込み式アルコール・インターロック装置の技術指針
  ↓ ↓ ↓
 http://www.mlit.go.jp/common/000207297.pdf


 8)驚きの飲酒運転実態調査結果…沖縄

 沖縄県警が4月6日、2011年の飲酒運転実態調査結果を発表しました。

 ◎飲酒運転:出勤時の摘発増 県警が調査(4月7日 琉球新報)
 ◎運転予定し飲酒 9年で3倍に(4月8日 沖縄タイムス)

 昨年の飲酒運転で摘発された人数は、前年より319人減少の1920人。
 午後10時から午前4時までの深夜帯での摘発人数は減少したものの、午前6時
 から9時までの出勤時間帯での摘発人数は増加。依然として二日酔い運転が
 横行している現状が浮き彫りとなっています。
 9年間の調査結果を比べてみると、驚きの傾向が!

 【飲酒運転の理由】
 「つい飲んだ」と答えた者の割合は03年の82.4%に対し11年は49.1%と半減、
 逆に「最初から飲んで運転するつもりだった」が03年の17.6%から11年には
 50.9%と、2人に1人の割合に。
 「捕まらないと思った」と答える者の割合が、03年の18.5%から11年は31.8%
 に増加。
 ――悪質化の一途をたどっています。常習者の割合が増えているということ
 でしょうか。

 【飲酒場所】
 「居酒屋などの飲食店」が減少傾向にある一方、07年以降は「自宅」での飲酒
 が増加。
 ――自宅で飲んでいて近所のコンビニまで運転、あるいは翌朝通勤時に飲酒
 運転というパターンへの対策が必要です。

 県警は今後、取り締まり強化のほか、飲酒運転の「リスク」を学ぶ教育にも
 力を注ぐ方針とのことです。
 
 沖縄県警は、飲酒運転防止インストラクター養成に積極的に取り組んでくだ
 さっています。

 *飲酒運転防止インストラクター養成講座
  ↓ ↓ ↓
 http://www.ask.or.jp/ddd_instructor.html

=============================================================★
   4.山さんコラム No.69
==============================================================

 ASK飲酒運転対策特別委員会委員長
 元・JRバス関東株式会社会長     山村陽一

 ◆酒はストレス解消に役立つのか?

 まずは、こんな場面におつきあい願いたい。
 かつての知人からある日、電話が入った。
 「……そんなわけで、秋にはまとまった金が入る予定ですが、実は昨年、
 手痛いキャンセルがあり、現在、資金繰りがショートしています。この
 ご時世ですから、銀行は貸し渋り、動きがとれません。長年のお付き合い
 をこわすようで、こんなことをお願いするのは、なんですが……」
 山さん「金を貸してくれということですか」
 「そうなんです。このままでは、ニッチもサッチもいかないので。なんと
 か9月までお金を融通していただけませんか」
 山さん「現役のころなら、少しは融通できたでしょうが、ここ数年は、ご
 存知のように、年金暮らしのボランティア、お金のこととなると難しい
 のですが……」
 「なんとか百万円ほど貸していただけませんか。秋には必ず金が入るので」
 山さん「私は、利殖のほうは苦手で、ほとんど動かせる金がないんです。
 せいぜいご一緒に食事を楽しむくらいしか金の余裕がありません。まあ、
 うまいものでも食べながら、ゆっくりご事情をおうかがいしましょう」

 ホテルのレストランは高いから、待ち合わせたロビーをでて、なじみの洋
 食屋へ行った。
 彼は生ビールを1杯、すぐに飲み終え、次にコート・ド・ローヌの赤をごく
 りと飲み「なかなかイケますね」と感想を述べる。
 山さんは、例によって手酌で同じワインをグラスにそそぎ、ちびりちびり
 やりながら、ほうれん草のバターいため、ほたて貝のグリル、牡蠣フライ
 を次つぎ口に運ぶ。
 彼は、最初の1杯の最後の一口をうまそうに飲みほしてから、フォークで
 ホタテをさし
 「これ、うまいなー。もうひとつ頂きます。このワインに、あいますね」
 山さん「気に入ってくれて何より。注ぎませんから、ご自分のペースで
 どうぞ」
 彼はやがて元気よく
 「さっきの話はスッカリ忘れてください。懇意の社長も2、3人いますし
 何とかします。それより、今日は文学論をしましょう。世界文学で第一人
 者は、一体、誰でしょうか」
 ワイングラスをかたむけながら、どんどん雄弁になる。
 1時間も話を続けると、すっかり明るくなり、大声で水割りをオーダー。
 最後に「もう1杯で終りにします。今日は実に愉快でした」
 こうして元気に別れた。めでたし、めでたし。
 ……だろうか?

 山さんの行動をふりかえってみよう。
 長年、飲みニケーション能力を磨いてきたゆえに、自分はワインをちびり
 ちびりやりながら、相手の相談を受け、お互いに気持ちよく別れた。相手
 を明るくした上に、ていよく借金申込を撃退した。
 見事に対処したといえる。
 「昔の山さん」なら、これで彼の悩みも解消、何の課題の残さずと満足し、
 帰宅して気持ちよく眠っただろう。

 酒を飲むと、深刻な気分から一気に楽天的な気分になる。その作用は、速く
 強力だ。
 親しい友人、仕事仲間などが悩んでいる場合、一杯やって元気づける、ある
 いは慰めるというのが、ほとんどの酒飲みが行なう手段。
 自然な会話から、悩みを語らせ、本人が問題点を整理し、解決策を見出す
 手助けをする。
 ただしビールジョッキ1杯ぐらいですむのならまだしも、それ以上飲めば、
 酔いが回って問題が整理されないまま、気が大きくなったり、単に楽天的に
 なったりするだけ。
 酔いが醒めたとき、何も解決していない悩みに直面、言わずにいればよかった
 との後悔も加わり、一層落ち込むことになる。
 アルコールという薬物で口を軽くしたり、心の奥を開いたりするのは、スパ
 イ小説によくある薬物で白状させるのと同じこと。酒の力で、心をコント
 ロールする怖いことなのである。
 元気づけるため、共に一杯やるのも、見かけ上、意気さかんにするだけで、
 ほんとうの快活さをもたらすのではない。薬で気分を高揚させるようなもの。

 こうしたアルコールの知識を得ている「現代の山さん」は、帰り道、逆に
 心配になった。
 借金申し込み問題は何も解決せず、悩みの解消には役に立っていない。
 今後の資金繰りはかなり曖昧。あてがありそうなことをいっていたが、素面
 のときより見通しが、あまい。
 仕事の計画内容の評価にも過信がみられる。
 すべてアルコールが大脳新皮質をマヒさせている徴候である。
 この会合での会話は、問題を解決していないばかりか、他の人にあたれば
 なんとかなりそうとの甘い見通しを強化してしまった。
 山さんは、友人の相談・問題解決に失敗した。
 彼がこんなふうに、友人と酒を飲んでは憂さ晴らしをするという生活を続け
 たら、悩みは日に日に増大、そのうち一人で飲む生活へ。アルコール依存症
 へ一直線ということになる。

 悩みごとの相談を申し込まれた人にとっては、相手と共に酒を飲み、酒で
 相手の悩みを軽くしてやれば、相談内容の重さ・ストレスを受けずにすむ。
 相談ごとを断わったとしても、心の痛みを感じなくてすむ。
 だから、相談を受ける側のストレス発生予防に酒が貢献しているのは間違
 いない。
 酒がストレス解消に役立つとの言葉も、この立場にたつと正しい。多くの
 酒飲みは、こうしてわずかな酒代を負担するだけで、浮世の義理や友情の
 しがらみをさけて、ストレスを回避してきたのである。確かに酒の効用だ。
 飲みニケーションの効果だ。

 一方、相談した側は、翌朝、素面にもどり、愕然とし、悩みは深まるだけ。
 ひとり大切な友人を失ったと悔やむかもしれない。悩み、ストレスは増大。
 アルコールはストレス・悩みの格差拡大に寄与している。

 山さん、過去を振り返れば、飲んで相談にのり、肩をだきあい、和気藹々の
 うちに別れたこと数十回。良いことをしたとストレスを溜めずに生きてきた。
 でも、酒飲み同士が、酒を飲み酔いながら話をして、良い結果がえられる
 はずがないと、今、気がついた。悪いことをしてきたな……。

=============================================================★
  5.ASKの活動ご紹介
==============================================================

 特定非営利活動法人ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)は、
 アルコール問題の予防に取り組む任意団体として1983年に設立、
 2000年にNPO法人になりました。1994年には、出版・研修の事業部
 門が(株)アスク・ヒューマン・ケアとなり、活動と事業の両面から
 予防を推進しています。

 ASKでは、「飲酒運転を防止するためには、アルコール依存症の
 早期発見・介入を視野に入れた総合的な予防対策が欠かせない」との
 認識のもと、2005年に飲酒運転対策特別委員会を発足させました。
 山村陽一委員長と今成知美ASK代表のリーダーシップのもと、被害
 者遺族・専門家・関係機関と連携しつつ、予防と再発防止の両面から
 本格的な飲酒運転防止対策に取り組んでいます。

 これまでに行なってきた活動は……

 ・被害者遺族による厳罰化署名運動や、生命のメッセージ展に協力
 ・運行管理者用テキストに「一歩踏み込んだ飲酒運転防止対策」執筆
 ・アメリカで酒気帯び運転で検挙された日本人に対して米国裁判所指
  定の教育プログラムを実施
 ・日本損保協会の「飲酒運転防止マニュアル」に執筆協力
  日本損保協会主催のシンポジウムに協賛し、全国各地で講演
 ・バス会社から運転手向けの予防プログラム「セルフケアスクール」
  を委託され、プログラムを開発
 ・「飲酒運転防止<通信スクール>」のプログラム開発
 ・職場の飲酒運転対策メルマガの発行
 ・啓発パンフ「飲酒運転 あなたは大丈夫?」制作
 ・代表今成がアメリカ・カリフォルニア州の飲酒運転再犯防止対策の
  視察、内閣府主催シンポジウムで報告
 ・国土交通省主催のシンポジウムで、山村、今成が発表
 ・今成がオーストラリア・ニューサウスウェルズ州の対策を視察
 ・国の「常習飲酒運転対策推進会議」で今成が海外視察報告
 ・「飲酒運転 懲戒処分事例の分析07・4・10」をまとめる
 ・研修用DVD「知って得する!アルコールの基礎知識」製作
 ・〔飲酒運転防止インストラクター養成講座〕を開始
  日本損害保険協会の助成で3年間に1000人の養成を目指す
 ・「飲酒運転 運転代行の落とし穴06・9~08・4」をまとめる
 ・「教職員の飲酒運転 懲戒処分事例の分析07・10~08・9」をまとめる
 ・山村が警察庁主催シンポジウムで報告
 ・内閣府、常習飲酒運転者対策についてのヒアリングで今成が報告
 ・特設サイト「職場の飲酒運転対策チェック!」を製作
 ・DVD「知って得する!アルコールの基礎知識」冊子化
 ・厚生労働省シンポジウムで今成が報告
 ・トイレットペーパー「飲酒運転防止(7つの落とし穴)」を製作
 ・「警察職員による飲酒運転事例の分析07~11」をまとめる

 ↓詳しくは、ASKのホームページをご覧ください↓
 http://www.ask.or.jp/dontdrivedrunk.html

=====================編集後記 *つぶやき*========================

 長い冬の果てにやっと来た春。
 椿・梅・木連・桜が同時開花。
 気分も浮かれたのでしょうか。飲酒にまつわる事故が急増しています。

 人間も自然や天候の影響を受けます。
 木の芽時は気持ちが解放的になり、気がゆるみます。
 複数の運輸会社から、春は飲酒検知事案が増えると聞きました。
 飲酒運転防止インストラクターの活躍どきです。
 
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

 【職場の飲酒運転対策メルマガ】71号 12.4.16
                  
 発行 特定非営利活動法人ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)
    飲酒運転対策特別委員会
  
       〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町3-16-7-7F         
       Tel 03-3249-2551 Fax 03-3249-2553             
       URL http://www.ask.or.jp/ email ask-ddd★(★を@に変えてください)a-h-c.jp

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
プロフィール

ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)

Author:ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)
http://www.ask.or.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク