職場の飲酒運転対策メルマガ      バックナンバー

ASK飲酒運転対策特別委員会が無料配信している「職場の飲酒運転対策メルマガ」のバックナンバーです。

67号2011

★__________________________
 ☆ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     【職場の飲酒運転対策メルマガ】  
                  67号 11.12.14
                   ASK飲酒運転対策特別委員会
                   http://www.ask.or.jp/
    ___________________________☆
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄★

 飲酒運転防止への社会的意識の高まりを受けて、運輸業界をはじめ、
 さまざまな職場で、今、積極的な取組みが模索されています。
 このメルマガでは、ヒントになる事柄、役に立つ情報をお伝えして
 いきたいと思っています。

=================== このメールマガジンは ====================
 特定非営利活動法人ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)内に
 設置された飲酒運転対策特別委員会が、情報提供のために発行する
 ものです。
 ASKのホームページ http://www.ask.or.jp/ からご登録いただいた
 方に、月1回、無料で配信します。
===========================================================

━━━ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    1.インストラクター養成講座NOW!
    2.ASKからのお知らせ
    3.NEKOのニュースCLIP!
    4.山さんコラム No.65
    5.ASKの活動ご紹介
    6.編集後記 *NEKOのつぶやき*

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  たとえ100メートルでも、
     酒気を帯びてハンドルを握れば飲酒運転です! 

==============================================================★
  1.インストラクター養成講座NOW!
===============================================================

 ★スクーリング、全日程終了!!
 
 9月から始まった、スクーリング。
 山さんの全国行脚も全日程が明日終了します。
 スクーリング、スキルアップ研修を通じて、多くの皆様にご参加いた
 だくことができました。

 第4期応募の声をサイトにアップしています。
  ↓   ↓   ↓
 http://www.ask.or.jp/ddd_inst_4kisei.html
 研修を通じて、皆様からたくさんのご意見ご感想をいただきました。
 飲酒運転防止に対して、情熱を持って取り組んでいる様子が伝わって
 きます。
 
 詳細については、後日発表予定ですが、今回はスクーリングのアンケ
 ートの一部をご紹介します。

 ・これからは、アルコール検知器の使用だけでなく、教育がベースに
  ならないと、飲酒運転撲滅にならないと実感しました。(一般企業)
 ・スクーリングに参加し、自分自身の飲酒について非常に考えさせら
  れました。他の人に対して教えるときも、自分も一緒になって取り
  組んでいくことができると思います。(トラック)
 ・事例を取り上げつつ、説明も専門用語ではなく、大変わかりやすか
  った。(バス)
 ・DVDを活用してきめ細かく、グループワークが良かった(バス)
 ・通信教育では得られなかった知識や、参加者の様々な意見を聞くこ
  とができてよかったです。(トラック)
 
 サイトは、随時更新しています。
 飲酒運転防止に関わる、様々な情報を掲載していますので、是非ごら
 んください。
   ↓   ↓   ↓
 http://www.ask.or.jp/ddd_instructor.html
 ★全国各地に、上級インストラクターが誕生しています!
 
 上級インストラクターの紹介ページはこちらです。
  ↓   ↓   ↓
 http://www.ask.or.jp/ddd_inst_jyoukyuu.html
==============================================================★
  2.ASKからのお知らせ
=============================================================== 
 
 ★代表の今成が、NHKクローズアップ東北にスタジオゲストで出演!

 今回は、前夜の酒が体内に残っている「二日酔い運転」の危険性に焦点
 をあてます。
 東北地方限定ですが、お時間ございましたら、是非ご覧ください。

 クローズアップ東北
 「続発“二日酔い運転”知られざるリスク」
 12月16日(金) 午後7:30~7:55 
 → http://www.nhk.or.jp/sendai/closeup/

 ★トイレットペーパーを使って笑顔で、飲酒運転防止!

 保健師・精神保健福祉士で、秋田大学医学部保健学科の講師でもある、
 上級インストラクターの熊澤さんから、トイレットペーパーの注文が。
 お話を伺ったところ――
 
 まずは大学の事務員さんたちに渡して、飲酒運転防止を呼びかけたところ、
 皆さん笑顔で眺め、盛り上がっていました。
 アルコール教育は、正論・真っ向勝負では人は動いてくれません。
 ちょっと笑える、ちょっと楽しいというところで進めるのが大事です。
 トイレットペーパーは話題性もばっちりで、楽しく飲酒運転防止につなが
 りそうです。
 次は高校の先生方にも配って啓発する予定です。
  
 【トイレットペーパー「飲酒運転防止(7つの落とし穴)」】
  ↓   ↓   ↓
  http://goo.gl/LhpCS
 (熊澤さんのプロフィールはこちら)
   ↓   ↓   ↓
  http://www.ask.or.jp/ddd_inst_jyoukyuu_touhoku.html

 ★アルコール依存症について学びたい方へ

 【PDF「アル中」への誤解と偏見をはねのける】
 
 季刊『Be!』の前身である『アルコール・シンドローム』41号の掲載記事
 ですが、今まさに必要とされている内容のため、200円で配布します。
 「依存症は病気だ」と説明されても、
 「やっぱり病気になるまで飲んだのは本人の責任では……?」
 などスッキリしない気持ちは残るもの。
 そこを理解してもらうためのQ&A。

 PDFダウンロードはこちらから。
   ↓   ↓   
 http://goo.gl/ZFnSP
 他のPDFもチェックしたい方は、こちらをどうぞ。
   ↓   ↓   
 http://goo.gl/yHkLU

 【ASKアルコール通信講座<基礎クラス>】

 アルコール依存症への対応を学ぶ通信講座です。
 テキスト6冊と添削6回、充実の内容。
 正しい知識の輪を広げる活動のため、受講料9,870円のみです。
   ↓   ↓   
 http://goo.gl/otSyb
 
 ★社内教育や研修にはこちらを!

 最近、「運行管理者研修で見て、内容がよかったので」という
 ご注文がすごく増えています。

 ●DVD&ハンドブック
 「知って得する!アルコールの基礎知識」
 http://www.ask.or.jp/ddd_dvd.html#book
 ●体質ごとの飲酒リスクがわかる!
 ASKアルコール体質判定セット「かんたんジェルパッチ」
 http://www.a-h-c.jp/tool_taihan.html

==============================================================★
  3.NEKOのニュースCLIP!
===============================================================  
 
 気がつけば今年も、もうすぐ終わりです。
 本当に色々なことがあった1年でした。
 あたり前だと思っていた日常が壊されていくのを目の当たりにして、
 自然について、命について、生きることについて考えさせられました。
 人間の力ではどうにもならないこともたくさんあるけど、人間の力で
 変えられるものもある……。
 
 残りわずかな2011年が、来年への力になるように大切に過ごしたいと
 思います。

 さて、今号の内容はこちらです。
 お時間の許すかぎり、おつきあいください。

--------------------------------------------------------------

 1)震災後、飲酒運転が2割増
 2)飲酒運転撲滅条例案 要綱まとまる
 3)ちょっとそこまで
 4)機長の深酒で、飛行機欠航
 5)自転車も取締りの対象です
 6)酒に酔って路上に寝込むのは危険!

--------------------------------------------------------------

 1)震災後、飲酒運転が2割増

 被災地でお酒にまつわる問題が多発。
 飲酒運転も増加しています。

 ◎震災後、飲酒運転が2割増…宮城沿岸部(11月17日 読売新聞)
 
 震災後(3月11日~10月31日)に、仙台南署や石巻署など沿岸9署管内で
 酒酔い、酒気帯び運転で摘発された件数は、前年同期比19%(23件)増
 の146件。
 県内全体では、摘発件数が4%減っているとのことで、沿岸部での飲酒
 運転の増加が目立っています。
 飲酒運転で行政処分を受け、昨年10月からの1年間に講習を受けた119
 人を対象に行なったアンケートによると、飲酒運転の理由を「ストレス
(震災、津波など)」と答えた人が4%いました。
 
 被災地のアルコール関連問題は、飲酒運転だけではなく、うつや依存症、
 さらには仮設住宅での暴力、殺人事件にまで発展しており、関係機関が
 注意を呼びかけています。

 被災ストレスとアルコールに関する情報はこちらから
   ↓   ↓   ↓ 
 http://www.ask.or.jp/disaster.html

 2)飲酒運転撲滅条例案 要綱まとまる

 福岡県内で発生した飲酒運転による交通事故は、昨年が全国最多の337件。
 今年1~10月は221件で、全国2位。
 3児死亡事故が起きた福岡で、これだけ対策をし尽くしても減らないのは、
 背景にアルコール依存症があるからでは、という指摘があります。
 実際、最近の福岡県の飲酒運転事例を見ると、こんな具合です。
 
 ●新聞販売店店主(62)(11月15日 読売新聞)
 11月15日午前4時45分頃、路肩停車中の車に巡回中のパトカーが近づい
 たところ、車が急発進したために停車させた。
 飲酒検知の結果、呼気0.9mg/lが検出。新聞配達の途中だったという。

 ●大学教授(49)(11月30日 NHK北九州)
 11月30日午前11時45分ごろ、交差点で右折待ちをしていた軽乗用車に
 衝突。呼気から基準の倍のアルコールが検出。
 「自宅で一人で缶チューハイ2、3本飲んだ」と供述。
 10年前から大学で教員を勤め2年前の4月からはアルコール依存症と診断
 されたため、今年9月まで休職。先月から職場に復帰していた。

 ●トラック運転手(50)(12月2日 読売新聞)
 12月1日午前2時40分ごろ「トラックがふらついて走っている」との通報
 を受け、高速隊員が捜査して発見。呼気0.29mg/lを検出。
 「九州自動車道の古賀サービスエリアでトラックを停めてビールと焼酎
 を飲んだ」と供述。

 ●無職(59)(12月3日 読売新聞)
 12月3日午前2時20分頃、交差点の真ん中で、男が車を停めて用を足して
 いるのを新聞配達員が見つけ、110番。
 署員が約1.6km先で蛇行運転している男を現行犯逮捕した。
 呼気からは基準の2倍を超すアルコールが検出。
 「スナックでビールを中瓶4本ぐらい飲んだ」と話している。

 このような実態を受けて、福岡県議会は全国初となる罰則付き飲酒運転
 撲滅条例案の要綱をまとめました。

 ◎飲食店の責務明確化 飲酒運転撲滅条例案 要綱まとまる
 (12月8日 西日本新聞)

  その内容は……依存症対策と飲食店対策です。

 ・飲酒運転をした違反者にアルコール依存症の検査を義務づける。
 (拒否した場合は5万円以下の過料)
  検査でアルコール依存症と診断された違反者には、専門病院での治療
  を義務づける。県は専門病院を飲酒運転撲滅対策医療センターに指定、
  回復を支える自助グループなどと連携し治療を受けやすい環境を作る。

 ・客の中から違反者が2回以上出た場合、県警が指導書を交付。
 (店内掲示をしない場合は5万円以下の過料。具体的な取り組みがない
  ときは店名を公表する)

 県議会は、意見公募で得られた県民の意見を条例案にどう反映させるか
 再度検討し、2月定例会に提案する方針です。
 
 全国初の試み、モデルケースとして期待したいと思います。

 
 背景にある「アルコール依存症」という病気
 ⇒ http://www.ask.or.jp/ddd_alcoholism.html
 <断酒会アンケート>アルコール依存症と飲酒運転
 ⇒ http://www.ask.or.jp/ddd_enquete.html

 3)ちょっとそこまで

 飲酒運転事故の事例を見ていると、事故を起こした後「近くだったので
 大丈夫だと思った」「休憩や仮眠を取ったから大丈夫だと思った」と述
 べるドライバーが、非常に多いことがわかります。

 飲酒運転をしてはいけない、という意識が浸透しても、どういう飲み方
 が飲酒運転につながっているのか、お酒とのつきあい方を知らなければ
 飲酒運転はなくなりません。

 山形県大江町の町議が、飲酒運転をしていたことが発覚しました。

 ◎おちょこ3杯から3時間、飲酒運転かと語る町議(11月26日 読売新聞)

 この町議は、11月1日午後7時ごろ、町内の飲食店で開かれた懇親会で
 酒を飲んだ後、車を停めてあった町役場の駐車場に戻りました。
 町消防団員が機材点検を行なっていたため「邪魔になってはいけない」
 と思い、町役場の駐車場から約150m離れた駅近くの駐車場に車を移動し、
 点検が終わったころを見計らって、役場の駐車場に再び移動したといい
 ます。
 「日本酒をおちょこ3杯ほど飲んだが、約3時間経っていたので飲酒運転
 というのかどうかわからない」と話しています。

 大江町議会では今、辞職勧告決議案の可決という事態に。

 ほんのちょっとだから大丈夫だと思った……
 この気の緩みは、アルコールのなせる業。
 酔い=脳のマヒなのです。
 

 4)機長の深酒で、飛行機欠航

 飲酒運転をしてはいけないのは、自動車だけではありません。

 ◎機長“飲酒”全日空機欠航「副操縦士と前夜に焼酎6杯」
  (12月1日 産経新聞)
 
 11月30日、全日空246便(午前9時30分福岡発・羽田行)の機長が、運行
 前検査で呼気0.314mg/lを検出。同便は欠航になりました。
 機長は副操縦士と一緒に前夜9時30分頃までの約4時間半、飲食店で焼酎
 の水割り6杯を飲みました。
 全日空の内規では「出発前12時間以内」の飲酒を禁じ、前日は「ビール
 中瓶2本程度まで」と定めています。

 搭乗する予定だった240人の乗客には「パイロットの体調不良」と説明し、
 全員40分後の次の便に搭乗してもらったとか。
 同社の操縦士が飲酒検査に引っかかり欠航したのは、2008年に現在のアル
 コール検知器を導入してから始めてだそうです。

 酒気帯び操縦を事前に止められたのはよかったですが、真の飲酒運転防止
 には、正しいアルコールの知識と飲酒習慣の見直しを行なうことが欠かせ
 ません。
 航空界も、飲酒運転防止インストラクターの養成を、ぜひ! 
 

 5)自転車も取締りの対象です

 もちろん、自転車でも飲酒運転はとても危険です。
 各地の県警が取り締まり強化をしています。

 ◎危険な自転車即赤切符 兵庫県警、取り締まり強化(12月4日 神戸新聞)
 
 兵庫県警はブレーキなしの自転車の公道走行や飲酒運転を見つけた際、
 指導・警告せず直ちに交通切符(赤切符)を交付するように、取り締ま
 りを強化しています。

 ◎京都はきびしい…自転車悪質違反は即「赤切符」(11月25日 読売新聞)
 
 自転車の違反では、まず指導や警告を行い、改まらない場合に摘発する
 のが一般的ですが、京都府警は、信号無視や飲酒運転など悪質な7つの違法
 については、処分の対象となる赤切符をその場で切る方針を決めました。
 対象となるのは、(1)信号無視(2)飲酒運転(3)一時不停止
 (4)2人乗り(5)無灯火(6)通行禁止違反(7)(ブレーキがな
 い競技用自転車・ピストなどの)制動装置不良。

 ◎飲酒運転:自転車でも3件検挙 9~10月、全体402件 昨年比78件減
  (11月21日 毎日新聞)

 千葉県では自転車での事故が多発していることを受け、9月15日~10月14日
 に実施した「飲酒運転取り締まり強化月間」において、自転車での飲酒
 運転の取締りを強化。48歳~64歳の男性3人を検挙し、赤切符を交付しまし
 た。中には泥酔状態の人もいたそうです。
 
 年末年始、お酒を飲む機会が増える季節です。
 飲酒運転をしないために、電車で帰って、駅から自転車に乗っている人は
 いませんか?
 自転車でも飲酒運転ですので、気をつけて。

 ◆主な自転車のルール違反◆(道交法などに規定)
 酒酔い運転・・・・・・・・5年以下の懲役または100万円以下の罰金
 信号無視・・・・・・・・・・3月以下の懲役または5万円以下の罰金
 一時不停止・・・・・・・・同上
 車道の右側通行・・・・同上
 無灯火運転・・・・・・・・5万円以下の罰金
 ブレーキ整備不良・・同上
 携帯電話等の使用・・同上
 イヤホン等の使用・・同上
 傘さし運転・・・・・・・・同上
 2人乗り・・・・・・・・・・2万円以下の罰金または科料
 並進・・・・・・・・・・・・・同上
 歩行者妨害・・・・・・・同上


 6)酒に酔って路上に寝込むのは危険!

 年末年始、お酒を飲む機会が多くて、つい羽目をはずして飲みすぎて
 しまった、という経験をお持ちの方もいるのでは?
 飲みすぎた挙句、路上で寝てしまった、記憶がない、なんてことはあり
 ませんか?
 
 お酒の飲みすぎは飲酒運転につながり加害者になってしまうだけでなく、
 誰かを加害者にしてしまう可能性もあります。

 ◎路上寝込み事故急増 浦和署とタクシー会社 年末控え防止協定
 (11月26日 東京新聞)
 
 埼玉県警の調べによれば、道路で寝込んで車にひかれた人が今年は10月
 までに39人。そのうち15人が死亡。
 路上に寝込むなどしてひかれた人のほとんどは、酒に酔って帰宅する
 途中だったといいます。
 7割以上が深夜から未明にかけて発生。
 「路上に人が寝ている」との通報で警察官が駆けつけ、命を救った事例
 も、管内では10月中だけでも33件あったといいます。
 
 日本法医学会の調査によると、交通事故死解剖例のうちアルコールが
 検出された割合は、運転者では27.9%、歩行者では62.9%。 
 
 つまり、お酒の飲みすぎは、加害者にも被害者にもなる可能性が高い
 ということです。
 車に乗る人も、乗らない人も、飲みすぎにはくれぐれも気をつけて。


=============================================================★
   4.山さんコラム No.65
==============================================================

 ◆飲まない人こそ酒の知識を

 「酒をまったく飲まない人は、アルコール問題に無関心だ。
 そういう人たちが入っているとアルコール教育がしにくい」
 との声がある。
 飲酒運転防止教育を熱心にやっている現場で、特に多い。
 確かに本人は飲酒運転をしないだろうが、本当に酒を飲まない人と飲酒
 運転は無関係だろうか。

 山さんは、酒を飲む人だけでなく「飲まない人も正しいアルコールの知
 識をもつ」ことが飲酒運転防止にはとても大切だと思う。

 飲まない人が、飲酒運転に加担する例をあげてみよう。
 「ビール1本くらい大丈夫」と運転する人へすすめる。
 「酒に強いのだから少しくらい飲んでも大丈夫」と酒をつぐ。
 おいしそうに飲むと「飲みっぷりがいい」と多量飲酒をほめる。
 ひかえようとするのに「まあ、もう一杯ぐらい」と無理にすすめる。
 「もう私は飲めませんから、飲める人がどんどんやってくださいよ」と
 多量飲酒をあおる。
 無意識に多量飲酒を扇動し、飲みすぎを促進、飲酒運転事故の原因を作
 っている。

 時には、依存症という病気を知らずに親切じみた不親切をして、大変な
 失敗をしでかす。
 「3年もやめたんだから、もう大丈夫でしょう」と断酒継続中の依存症
 の人へ酒をすすめ、再飲酒させてしまう。その結果が飲酒運転による悲
 惨な事故……。

 もしアルコールの正しい知識にもとづき行動したらどうなるか。
 「ビール1本のアルコールが抜けるのに4時間かかるから、冷えた麦茶
 でガマンを」
 「酒に強い弱いとは関係なく、アルコールは運転に影響するというから、
 飲んじゃダメ」
 と言うこともできる。
 「そんなに飲んだら体に毒だ。もう帰ろう」と切り上げを誘ったり、
 「私はご飯をいただきます。よろしければご一緒に」と行動で示すこと
 もできる。

 ちょっとした話し方や態度で「飲みすぎ」を助長するか減らせるかずい
 ぶん違う。
 特に、病気で酒を禁じられている人や、依存症で断酒した人への態度は
 重要だ。
 「禁酒中だって。えらいね。お酒なしでも、料理は楽しめます。この面
 では私が先輩。ご飯をもらいましょう」などと応援演説があれば、禁酒・
 断酒も継続しやすい。

 ところが現実には「こんなことを言ったら座がしらけるよ」という声が
 あがるだろう。
 会合などでリーダーシップをとるのは多量飲酒者が多い。彼らは、酒の
 場を仕切り、たくさん飲みたくてうずうずしている。家庭や友人から、
 普段、酒をひかえるよう忠告されている場合もある。公式に飲むことが
 許される場では心おきなく自由に飲みたい。だから節酒の話は嫌がる。
 
 で、「そんなうるさいことを」「大人げない」「自己責任でいこう」な
 どと主張する。
 時には、強く抵抗する。
 「立派な社会人に失礼だ」「酒の文化や伝統を知らないから困る」「酒
 を飲めないヤツは、酒飲みの気持ちがまったく分っていない」と反発す
 る。
 この連中は、アルコールの精神的な依存が相当強い。正しい知識をぶつ
 けても聞く耳をもたない。今までうまくやってきた会合の雰囲気こそが
 最高だと思い込んでいる。

 案外、飲めない人は、そんな乱暴な意見に同調してしまう。体質的に飲
 めないことに引け目を感じる経験をたくさんしてきたためだろう。
 「飲まない人は、飲む人の気持ちがわからない」は事実だが「飲む人は、
 飲まない人の気持ちがわからない」のも真実。一方的に酒飲みだけの意
 見を受け入れる必要はない。
 元々、人間の気持ちなど簡単にわかるはずがない。

 節度ある飲酒の人なら、飲まないことや節酒の必要を理解する。節酒す
 るには、宴会の途中から意識して飲む量を制限しなければならないから
 だ。
 「これをやっていますから」「飲み終わってからお願い」「ゆっくりや
 っています」「ちょっと腹に入れます」などと注がれるのをかわさねば
 ならない。それ故、飲まない人の気持も行動もよく理解できるのだ。

 山さんは6ヵ月間断酒したことがある。飲まない人生を初体験。
 今まで、自分が無邪気に大酒を飲んでいて、いかに多くの人に迷惑をか
 けていたか、はっきり分った。多量飲酒者に、飲まない人に、そして節
 度ある飲酒者に。つまり、みんなに迷惑をかけていた。
 一升瓶を立てて飲んでいた仲間。3人で2升あけたなどと自慢しあって
 いたが、1人は依存症になり専門医療機関へ。一時断酒に成功したもの
 の定年退職後、再飲酒、他界。
 飲まない人たちは、たいてい1回注ぎにくるだけで、ろくに話もしなか
 った。山さんの周りは酒飲みが囲んでいた。ノミュニケーションは、飲
 み助同士だけの情報交換の場。
 節度ある飲酒の人は、大酒飲みに合わせるさまざまな工夫をしていた。
 「運転を買って出る」「注ぎ上手にふるまう」時には「眠ったふり」な
 ど苦労していた。断酒して初めて、その苦労がよく見え、みんなに迷惑
 をかけた、申し訳なかったとの気持になった。

 現在も酒飲み友達との交流があるが、このうち、健康な人とは定期的に
 会っている。だが、体をこわした人や依存症の疑いがある人は、こちら
 から誘わないから交際は遠のく。
 逆に、飲めないことをはっきり宣言し、山さんと登山や山菜採りを楽し
 んだ人たちとは、今なお積極的なおつきあいをしている。

 本題に戻ろう。
 飲まない人が、自信をもって発言・行動すれば、ノミニケーションでな
 い真のコミュニケーションによる素晴らしい人間関係が構築できる。
 「飲酒運転防止インストラクター」のスキルアップ研修で、「飲まない
 人だけ集めて、何故、アルコール教育が必要なのかをじっくり話し合っ
 たらよい」との提案があった。確かに酒に寛容な風土を変えるには、よ
 い考えだ。

 退職後8年になる今年もまた、酒を飲まない元仕事仲間から、はざかけ、
 天日干しのおいしい新米が届いた。山さんは佃煮を送る。
 佃煮は酒にもあうが、ご飯のおかずにピッタリ。一般に、ご飯は、どん
 な酒の肴にも合う。
 酒飲みの方、熱々のご飯で刺身を食べてみよう。酒なしでも満足できる
 はず。
 できない? ちょっと心配だな。


=============================================================★
  5.ASKの活動ご紹介
==============================================================

 特定非営利活動法人ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)は、
 アルコール問題の予防に取り組む任意団体として1983年に設立、
 2000年にNPO法人になりました。1994年には、出版・研修の事業部
 門が(株)アスク・ヒューマン・ケアとなり、活動と事業の両面から
 予防を推進しています。

 ASKでは、「飲酒運転を防止するためには、アルコール依存症の
 早期発見・介入を視野に入れた総合的な予防対策が欠かせない」との
 認識のもと、2005年に飲酒運転対策特別委員会を発足させました。
 山村陽一委員長と今成知美ASK代表のリーダーシップのもと、被害
 者遺族・専門家・関係機関と連携しつつ、予防と再発防止の両面から
 本格的な飲酒運転防止対策に取り組んでいます。

 これまでに行なってきた活動は……

 ・被害者遺族による厳罰化署名運動や、生命のメッセージ展に協力
 ・運行管理者用テキストに「一歩踏み込んだ飲酒運転防止対策」執筆
 ・アメリカで酒気帯び運転で検挙された日本人に対して米国裁判所指
  定の教育プログラムを実施
 ・日本損保協会の「飲酒運転防止マニュアル」に執筆協力
  日本損保協会主催のシンポジウムに協賛し、全国各地で講演
 ・バス会社から運転手向けの予防プログラム「セルフケアスクール」
  を委託され、プログラムを開発
 ・「飲酒運転防止<通信スクール>」のプログラム開発
 ・職場の飲酒運転対策メルマガの発行
 ・啓発パンフ「飲酒運転 あなたは大丈夫?」制作
 ・代表今成がアメリカ・カリフォルニア州の飲酒運転再犯防止対策の
  視察、内閣府主催シンポジウムで報告
 ・国土交通省主催のシンポジウムで、山村、今成が発表
 ・今成がオーストラリア・ニューサウスウェルズ州の対策を視察
 ・国の「常習飲酒運転対策推進会議」で今成が海外視察報告
 ・「飲酒運転 懲戒処分事例の分析07・4・10」をまとめる
 ・研修用DVD「知って得する!アルコールの基礎知識」製作
 ・〔飲酒運転防止インストラクター養成講座〕を開始
  日本損害保険協会の助成で3年間に1000人の養成を目指す
 ・「飲酒運転 運転代行の落とし穴06・9~08・4」をまとめる
 ・「教職員の飲酒運転 懲戒処分事例の分析07・10~08・9」をまとめる
 ・山村が警察庁主催シンポジウムで報告
 ・内閣府、常習飲酒運転者対策についてのヒアリングで今成が報告
 ・特設サイト「職場の飲酒運転対策チェック!」を製作
 ・DVD「知って得する!アルコールの基礎知識」冊子化
 ・厚生労働省シンポジウムで今成が報告
 ・トイレットペーパー「飲酒運転防止(7つの落とし穴)」を製作

 ↓詳しくは、ASKのホームページをご覧ください↓
 http://www.ask.or.jp/dontdrivedrunk.html

==============編集後記 *NEKOのつぶやき*===================


 それでは、皆様、良いお年をお迎えください。
 また来年、お会いしましょう!

 
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

 【職場の飲酒運転対策メルマガ】67号 11.12.14
                  
 発行 特定非営利活動法人ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)
    飲酒運転対策特別委員会
  
       〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町3-16-7-7F         
       Tel 03-3249-2551 Fax 03-3249-2553             
       URL http://www.ask.or.jp/ email ask-ddd★(★を@に変えてください)a-h-c.jp

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
プロフィール

ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)

Author:ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)
http://www.ask.or.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク