職場の飲酒運転対策メルマガ      バックナンバー

ASK飲酒運転対策特別委員会が無料配信している「職場の飲酒運転対策メルマガ」のバックナンバーです。

57号 2011

★__________________________
 ☆ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     【職場の飲酒運転対策メルマガ】  
                  57号 11.2.17
                   ASK飲酒運転対策特別委員会
                   http://www.ask.or.jp/
    ___________________________☆
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄★

 飲酒運転防止への社会的意識の高まりを受けて、運輸業界をはじめ、
 さまざまな職場で、今、積極的な取組みが模索されています。
 このメルマガでは、ヒントになる事柄、役に立つ情報をお伝えして
 いきたいと思っています。

=================== このメールマガジンは ====================
 特定非営利活動法人ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)内に
 設置された飲酒運転対策特別委員会が、情報提供のために発行する
 ものです。
 ASKのホームページ http://www.ask.or.jp/ からご登録いただいた
 方に、月1回、無料で配信します。
===============================================================

━━━ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    1.インストラクター養成講座NOW!
    2.ASKからのお知らせ
    3.NEKOのニュースCLIP!
    4.アルコール検知器Q&A
    5.山さんコラム No.55
    6.ASKの活動ご紹介
    7.編集後記 *NEKOのつぶやき*

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  求められているのは――
      ドライバーへの酒類提供を断わる勇気
             飲酒運転を制止する勇気

==============================================================★
  1.インストラクター養成講座NOW!
===============================================================
 
 第4期飲酒運転防止インストラクター養成講座のお知らせです!
 2011年度も、日本損害保険協会から助成をいただけることが決定しました!
 
 詳細は、下記のホームページで。
 募集は3月10日に開始します。(この日に申し込みフォームを設置します)
  ↓   ↓   ↓
 http://www.ask.or.jp/ddd_instructor.html
 募集人数は400名。定員になり次第、締め切らせていただきます。
 なお、第4期の受講料は、12,500円です。 
 大人気の講座につき、申し込みが殺到します。
 どうぞお早めにお申し込みください。
 お問い合わせはASK事務局まで(電話03-3249-2551)。

 ―――――――――――――――――――――――――――――――
 第4期は、「上級インストラクター」になるためのプログラムにも、損保協会
 から助成をいただけることになりました。 
 募集人数は10名です。

 応募資格があるのは、認定インストラクターとしてすでに活動している方。
 詳しくはホームページをご覧ください。
   ↓     ↓     ↓
 http://www.ask.or.jp/ddd_inst_jyoukyuukibou.html
 上級インストラクターは、認定後にアシスタント経験を積んで、養成講座の
 スクーリング講師を目指していただきます。
 また、ASKのサイトにプロフィールが掲載され、依頼を受けて講演や研修を
 行なうことができます。 

 すでに認定された上級インストラクターの紹介ページはこちら。
   ↓     ↓     ↓
 http://www.ask.or.jp/ddd_inst_jyoukyuu.html (地域をクリックすると、上級インストラクターのプロフィールが見られます) 

 助成の枠に漏れてしまった場合でも、実費で受講が可能です。
 ASK事務局まで、お問い合わせください。

==============================================================★
  2.ASKからのお知らせ
===============================================================

 ある地区の
 トラック協会から、1135冊 
 機動隊から、200冊 
 バス会社から、50冊 
 注文が続き、担当者がうれしい悲鳴をあげているのは、

 ●ハンドブック
 「知って得する!アルコールの基礎知識」
  http://www.ask.or.jp/ddd_dvd.html#book
  定価315円ですが、冊数がまとまると1冊単価がお得になります。
  50冊以上 @263円 100冊以上 @210円 1000冊以上 @158円

  50冊以上のご注文はお電話で(03-3249-2551)

==============================================================★
  3.NEKOのニュースCLIP!
=============================================================== 
 
 立春も過ぎ、暦の上では春……
 とはいえ、みぞれ混じりの雨が降ったり、急に暖かくなったり、不安定な天気
 が続いています。
 インフルエンザやノロウイルスの脅威に打ち勝ったと思っていたら、なにやら
 鼻がむずむずします。
 何でも、今年は昨年の10倍もの花粉が飛び散るのだそう。
 薬を飲むと眠くなることもあるので、車の運転中は特に注意が必要です。
 くれぐれも、お気をつけください。
 
 さて、今号の内容はこちらです。
 お時間の許すかぎり、おつきあいください。

 ※ニュースのリンクは「ウェブ魚拓 http://megalodon.jp/
 を利用しています。
 リンクが切れて記事が読めなくなるのを防ぐためです。
 まず、記事の日付をクリックしてください。すると、
 「宜しければ上記のリンクをクリックしてください」という表示が出ますので、
 クリックをお願いします。

--------------------------------------------------------------
 
 1)同乗者に実刑判決
 2)信号待ちをしていた高校生が死傷
 3)またしても、福岡県で悲劇が!
 4)身代わり「ばれずに済むと」
 5)常習者、4割が「飲みたいから」
 6)奈良漬食べただけ……

--------------------------------------------------------------

 1)同乗者に実刑判決
 
 「同乗者に懲役2年の実刑」
 さいたま地裁の裁判員裁判で、大きな判決が下りました。
 同乗者である2人の被告は加害運転手の職場(運送会社)の先輩であり、酩酊し
 ていた運転手の運転を止ることは容易だったのに、それをしなかったのは、危険
 運転致死傷のほう助にあたる、という判断です。
 
 ↓埼玉の飲酒運転死亡事故 同乗者に実刑 裁判員裁判判決(2月14日 朝日新聞)↓
 http://megalodon.jp/2011-0214-1329-22/www.asahi.com/national/update/0214/TKY201102140078.html 
 事件はこんなふうに起きました。
 2008年2月17日、加害者であるトラック運転手(危険運転致死傷罪で懲役16年確定)
 は、昼から夕方にかけて、熊谷市郊外の飲食店でビール1杯と、ウーロン茶割りを
 7杯ほど飲み、かなり酔っていました。同乗者2人も一緒でした。
 3人はその後、キャバクラに向かいます。そして駐車場で開店を待っている際に、
 加害者から「一回りしてきましょうか」と尋ねられた同乗者らは、「うん」「そうし
 ようか」と了解、飲酒運転を黙認してしまいます。
 車は時速100km~120kmで走り、中央線を越えて対向車2台と衝突。対向車の夫婦2名
 が死亡、加害運転手と同乗者を含む7名が重軽傷を負いました。運転手の血液からは
 基準の7倍以上の2.2mg/mlという高濃度のアルコールが検出されています。

 酒を提供した飲食店経営者も、道路交通法違反(酒類提供)の罪に問われ、すでに
 懲役2年執行猶予5年が確定しました。

 事件直後、08年2月27日の朝日新聞に、この飲食店経営者へのインタビューが載って
 います。
 「窓越しに乗用車が見えたので、車で来ていたのは知っていた」
 「心が痛い。お酒を出さなければ、自分が送っていけばと後悔する。一番の責任は
 自分にあるのではないか。お酒を頼まれて出さないという勇気がなかった」

 今回、司法は、酒を提供した人も、飲酒運転を容認し同乗した人も、同じく飲酒
 運転事故の加害者であるという判断を下しました。

 私たちに求められているのは、
 酒類提供を断わる勇気、飲酒運転を制止する勇気です。


 2)信号待ちをしていた高校生が死傷

 1月21日朝、高校生2名が飲酒運転のワゴン車にはねられて、1人が亡くなるという
 痛ましい事故が起きました。

 ↓重体の高校生が死亡 運転手「朝まで飲んでいた」(1月21日 産経新聞)↓
 http://megalodon.jp/2011-0121-1824-15/sankei.jp.msn.com/affairs/news/ 110121/dst11012116380085-n1.htm
 
 高校生たちは、それぞれ自転車に乗り、国道を横断するために信号待ちをしていま
 した。そこに無職の28歳男性が運転するワゴン車が突っ込んだのです。
 加害者からは呼気0.5mg/lが検出され、「朝方まで飲んでいた」と供述しています。

 けれど宮城県警は、今月、危険運転致死傷容疑での送検を見送りました。
 「アルコールの影響で正常な運転が困難な状態」を立証するのが難しいと判断した
 ためです。

 ↓危険運転致死傷の適用断念 仙台・飲酒暴走高校生2人死傷(2月9日 河北新報)↓ 
 http://megalodon.jp/2011-0210-1823-08/www.kahoku.co.jp/news/2011/02/20110209t13027.htm
 捜査関係者によると、容疑者は仙台市中心部の繁華街を出発し、事故を起こすまで
 の通行ルートをはっきり覚えていて、さらに、容疑者の前後を走行していた運転者
 の証言で、蛇行や信号無視などの行為がなかったといいます。
 容疑者の供述は、「事故直前、居眠りをした」。
 
 でも、この居眠りこそが、アルコールの影響なのでは?

 危険運転致死傷の立件には、いつも同じ壁が立ちはだかります。
 「アルコールの影響で正常な運転が困難な状態」とはいったいどんな状態なのか?
 専門家を交え、議論を尽くす必要があると思います。
 

 3)またしても、福岡県で悲劇が!
  
 仙台での事故から、1ヵ月も経たないうちに、福岡県の町道で、高校1年生が2名、
 乗用車にはねられて亡くなるという悲惨な事故が発生してしまいました。
 
 ↓飲酒事故、高校生2人はねられ死亡 粕屋町(2月10日 西日本新聞)↓
 http://megalodon.jp/2011-0210-1349-20/www.nishinippon.co.jp/nnp/item/225938
 2月9日午後11時10分ごろ、事故は起こりました。
 車を運転していたアルバイト男性(35)は、自ら「人をはねた」と通報。
 駆けつけた警察官が呼気検査をしたところ、呼気0.25mg/lが検出されました。
 「午後8時から11時ごろまで、近くの居酒屋でビールと日本酒を飲んで帰宅中だった」
 と話しています。
 被害者のYさんは、道路そばの倉庫のスレート製の壁を突き破った状態で倒れ、Mさん
 は、現場から約50m先であおむけになって倒れていたそうです。
 このような状況から、かなりのスピードが出ていたと見られています。
 
 2006年に幼い子ども3人が犠牲になった、あの悲惨な事故から4年半。
 事故を期に、福岡では県を挙げて飲酒運転抑止に取り組み、いったんは半分以下に
 減少したにも関わらず、一昨年から増加に転じ、昨年の飲酒事故件数は全国で最多。
 県警が緊急対策会議を開いた矢先の事故でした。

 県知事は2月14日の県議会代表質問で、「若者やアルコール依存症の方への積極的な
 取り組みをしていく」と、新たな対策に着手することを明らかにしています。
 県内の飲酒運転事故のうち、20代による事故が前年比50%の増加。また、県警による
 アンケートで飲酒運転検挙者の5割以上が再検挙だったことから、若者と常習飲酒者
 への対策が急務と判断したとのことです。
 
 ↓飲酒運転事故:後絶たず、新たな対策着手へ(2月15日 毎日新聞)↓
 http://megalodon.jp/2011-0216-1811-21/mainichi.jp/area/fukuoka/ news/20110215ddlk40040331000c.html


 4)身代わり「ばれずに済むと」

 あろうことか、警察官が飲酒運転の末に、身代わりを立てる事件が2件続きました。

 まずは、茨城県の巡査長。
 父親がかわいそうになって、自ら身代わりを申し出たそうです。

 ↓飲酒運転で事故、父が身代わり出頭 警官「ばれずに済むと」(2月11日 産経新聞)↓
 http://megalodon.jp/2011-0214-1021-36/sankei.jp.msn.com/region/news/110211/ ibr11021103090003-n1.htm
 
 昨年12月28日午後5時~10時ごろ、市内の飲食店で知人とともにビールや焼酎を飲み、
 10時25分ごろ、父親名義の軽乗用車を運転、道路標識やガードレールに衝突して逃走。
 翌29日午前4時半ごろ、父親と2人で出頭しましたが、身代わりが判明しました。
 
 さらに、静岡県で、警部補が妻に身代わりをさせた疑いが……
 
 ↓警部補ひき逃げ容疑逮捕 妻を身代わり申告させた疑いも(2月13日 朝日新聞)↓
 http://megalodon.jp/2011-0214-1032-32/www.asahi.com/national/update/0213/ TKY201102130031.html

 警部補は、この日は休日で、中学生の息子のテニスの試合を応援した帰りでした。
 車には息子も乗っていたそうです。
 2月12日午後7時ごろ、交差点で乗用車に追突して逃走。
 自宅にいた妻に連絡、事故後近くのコンビニで妻と待ち合わせ、状況を説明して
 身代わりに現場へ行かせて虚偽の自己申告をさせたとのこと。
 妻の説明が現場の状況とかみ合わなかったため、問いただしたところ、妻が「警察官
 の夫が運転していた」と説明。身代わりが発覚しました。

 父親が犯行を重ねる一部始終を見ていた息子は、いったいどんな気持ちでいたでしょう。
 

 5)常習者、4割が「飲みたいから」
 
 千葉県警が、主に常習者を対象とした飲酒運転の取締りを実施しました。
 
 ↓飲酒運転、摘発された半数以上は常習者(2月1日 産経新聞)↓
 http://megalodon.jp/2011-0203-1032-09/sankei.jp.msn.com/region/ news/110201/chb11020123280009-n1.htm

 「常習者に対する取締り」とは、一体どういう方法で? と興味を感じ、千葉県警
 に電話して聞いてみました。

 12月の1ヵ月間、担当者を置き、居酒屋周辺に停めてある車を見回ったり、お店や
 周囲の人たちからの通報で出動したりしたのだそうです。
 その結果、164人を摘発。半数以上の85人が、過去に摘発歴などのある「常習者」
 でした。以下は、この人々のデータです。 

 ●摘発された常習者の年代
 20歳未満(2人) 20代(11人) 30代(22人) 40代・50代(20人) 60代(10人)
 
 ●飲酒の動機
 「飲みたいから」30人 「忘年会など」24人 「食事のついで」18人

 ●運転の動機
 「捕まらないと思った」42人 「距離が近い」が13人 「少ししか飲んでいない」が8人

 4割近くが「飲みたいから」と答えているのは、アルコールへの依存傾向を示している
 可能性があります。
 この人たちに必要なのは、アルコールの基礎知識と自身の飲酒習慣の見直し、そして
 依存症の治療です。


 6)奈良漬食べただけ……

 どこかで聞いたことがある言い訳です。

 ↓住職「奈良漬食べた」飲酒運転容疑で逮捕(1月24日 共同通信)↓
 http://megalodon.jp/2011-0124-1056-11/www.nikkansports.com/general/ news/f-gn-tp0-20110124-728273.html

 1月24日、奈良の住職が乗用車を運転し赤信号を無視。基準値以上のアルコールが
 検出されたものの、当初は「奈良漬を食べただけ」と否認。
 その後の調べで、「スナックでウイスキーを飲んだ」と認めました。
 通常の奈良漬なら、約400グラム(60切れ程度)を食べないと基準値を上回ること
 はないとか。
 
 実は、遡ることおよそ2年前、同じく「奈良漬を食べた」と言い逃れをした容疑者
 がいました。
 このときは、検察側が警察と協力して奈良漬約100グラムを食べて、実験。
 この結果により、罰金刑となっています。

 ドリンク剤や、奈良漬などを言い訳にする人がたびたび登場します。
 確かに少量のアルコールを含む食品は、飲酒運転につながる可能性があるので、
 注意しなくてはなりませんが、それにしても苦しい言い訳です。

 
==============================================================★
  4.アルコール検知器Q&A
=============================================================== 
 
 運輸・運送業向け事故防止コンサルタント
 ASK認定飲酒運転防止上級インストラクター
                       高木 宏昌
 
 こんにちは、高木です。
 検知器メーカーに勤務した経験を生かして、このコーナーを担当させていただ
 きます。
 4月からの検知器義務化にそなえ、運輸の現場では、なにかと不安があること
 と思います。今回は運送会社の運行管理者Fさんからの質問です。

 【Q2】アルコール検知器を使うと、点呼に時間をとられないか心配です

 これまでうちでは、対面で、人が酒気帯びを確認をしてきました。
 でも、4月からはアルコール検知器を使わなければなりません。
 心配なのは、今までより時間がかかることです。
 うちの会社は朝の忙しい時間帯に集中して出庫するので、運用がうまくいくか
 心配です。
 点呼の流れが滞らないような、いい方法はありますか?

 【A2】ルールを決めれば、わりとスムーズに運用できます

 実際の測定時間は、検知器の機種によってさまざまです。
 検知器によっては、次の測定までに数十秒かかるものもあります。
 もしアルコールを検知した場合は、センサーをクリーニングするために30~60秒
 程度のタイムラグが必要になる機種が多いことも。知っておく必要があります。
 忙しい時間帯に点呼が集中するのであれば、以下のポイントが大事になります。

 ●検知器を選ぶとき、測定のウォームアップ(連続測定の場合、次の測定が可能
  になるまでの時間)が短い機種にすること
 ●「測定の15分前は飲食、喫煙などしない」ように乗務員さんに協力をお願い
  しておくこと

 なぜ15分前に飲食や喫煙を避けなければいけないかというと、血中にアルコール
 がなくても口腔内にアルコールやその他の成分、残差物が残っていると、呼気を
 吹きかける際にその成分を拾って反応してしまう恐れがあるからです。
 もし守っていただけないと、乗務員さんが「濡れ衣」を着せられる事態が起きる
 かもしれませんので、スムーズな点呼のためにこのルールは必ず守ってもらう
 ように協力をお願いしてください。
 検知器のウォームアップ時間や次の測定までの時間は、検知器メーカーにお問い
 合わせください。

 以下は、検知器による点呼をスムーズにする工夫です。

 ●集団点呼では、点呼開始前にあらかじめ測定をしておき、その時に万が一数値
  が出た方は、いったん外れて後に回ってもらい、問題のない方だけ点呼に回って
  いただく
 ●個別点呼では、前の乗務員が点呼している最中に点呼執行者(もしくは補助者)の
  見える場所でアルコール検知をしてもらい、点呼執行者(もしくは補助者)が確認
  を済ませておく。万が一、アルコール反応があった場合は後に回っていただく

 アルコールが検知された場合、急いで次の測定をすることを想定し、予備にもう
 1台 検知器を持つことも有効かと思います。
 なお、乗務員さんにも点呼執行者にも流れに慣れていただく必要がありますので、
 ぶっつけ本番ではなく、義務化1ヵ月前の3月からテストで運用していただき、
 どんな問題が起きるのかを確認することをお勧めします。

 ★質問を募集中です。
 検知器にまつわる質問や悩みがありましたら、メールをお寄せください。
 → ask-ddd★(★を@に変えてください)a-h-c.jp

 高木宏昌プロフィール
 http://www.ask.or.jp/ddd_inst_jyoukyuu_kanntou.html#takagi

=============================================================★
   5.山さんコラム No.55
==============================================================

 ASK飲酒運転対策特別委員会委員長
 元・JRバス関東株式会社会長     山村陽一

 ◆けがの原因は?

 正月2日、母の家からの帰り道、3cmほどの段差に足をとられ、親指の付け根
 付近を横へギクリとひねった。一瞬、激痛がはしる。
 妻は、たいしたこともなかろうと思ったのか「お酒を飲みすぎたからじゃないの」
 と冷たい。
 仕方なく、傷みをガマンしながら家に帰った。

 近くの社寺の初詣は元旦の早朝にすませてある。正月3日は、例年どおり日枝 
 神社、豊川稲荷、市谷八幡、赤城神社、築土八幡、靖国神社、平河天満宮へ初
 詣に出かける。
 たくさんあるが、山さん夫婦と子ども達の七五三、山さん幼児期の遊び場、子ど
 もとよく遊んだ所、娘・息子の入学祈願、みんな縁の深い社寺である。
 特に信心深いわけではないが、長年、運輸業に従事していると社寺に安全祈願
 をするのが習いとなる。繰り返しお参りした社寺は、転居後も1年に1度くらいは
 お参りしないと何となく落ち着かない。それで、こんなに多くなったのだが、何十
 年前の景色など思い出しながら歩くのも悪くない。歳をとった者の楽しみの一つ
 でもある。

 地下鉄永田町駅から約3時間かけて順番に歩いた。靴下が薄いためか、左足
 の甲が痛んだ。神楽坂の急な下りと牛込見附への上り坂で、とくに足の痛みを
 強く感じた。

 はや4日、妻が運勢を見ながら
 「あまり良くない。旧を守れ。病気、火難に注意だって」
 山さん「ついでに俺のもみてくれ。早生まれで立春前だから昭和17年生まれの
 所」
 妻「私と同じように良くないわ。運気が悪く。病気、盗難、火難に注意とあります
 よ」
 そこで足の痛みを思い出した。
 親指から5cmほど上の骨のあたりが痛む。恐る恐る少し強く押しながらさぐると、
 丸い骨のすこし前が、かなり痛む。うかつにも、このとき初めて2日のギクリに思
 い当たった。
 あのギクリで軽く捻挫したかもしれない。昨日の痛みは靴下のせいじゃない。
 運勢どおり、ケガに注意だ。

 たまたま7日は、整形外科で定期的に尿酸値検査と診察をうける日。なじみの医
 師に足の痛みを話すと「念のためレントゲンをとりましょうか」とのたまう。
 普段なら断わるのだが、運勢が良くないから、素直にしたがう。人間を謙虚にする
 のが「易」のよいところだ。
 レントゲン写真の結果は、幸い骨折はなく、1ヵ月くらいで痛みもとれるだろうと
 のこと。ちょっとした油断のギクリで1ヵ月も痛みに悩むとは……。

 山さん、病気やケガで仕事を休んだことはない。だが小さなケガは多い。

 一昨年の3月、早朝の散歩中に、バランス感覚を訓練するつもりで児童公園に
 ある丸木の平均台を往復していて踏み外し、右足の向こう脛を挫傷した。
 ヨードチンキとオロナイン軟膏を塗っていたが、上記の医師にきちんと治療しな
 いと足を失う場合もあると叱られた。骨に近い傷は要注意とのこと。結局、つぶ
 れた組織を切除し、肉が上がり皮膚がおおうまで、10回以上治療に通う破目に
 なった。
 早朝、寒さの中、筋肉が固く、バランスを崩したのが原因。
 しかし本当の原因は、イタリア旅行から帰って9日目であり、疲労が完全に回復
 しておらず、前夜の酒の影響があったかもしれない。

 その1年前には、窓を締める際、親指をはさみ爪を割った。半分以上爪を切りと
 る手術になった。
 作業を急ぐあまりタイミングがあわなかったのが直接原因だが、老化に加え、
 酔っていたことが真の原因だった。

 向こう脛のケガは、29歳のときにもある。
 渋谷から代々木八幡へ抜ける道、歩道に低い鉄製の枠があった。そこへ激しく
 ぶつけた。寒い時期でズボン下をはいていたが、骨にくぼみができるほど傷が
 ひどかった。
 たそがれ時の見にくい状況で、上司の家へ行くため急いでいたのが直接の原
 因。だが、夕方、渋谷で会合があり、控えめに飲んだつもりが、相当酔っていた
 のが本当の原因。

 33歳、スキーで捻挫したこともある。蔵王のパラダイスゲレンデ(皮肉)。何度
 も滑っている慣れたコースだ。
 昼食時、カツカレーをつまみに、しこたま飲んだビールが原因だったと、今では、
 はっきりわかる。

 酒飲みのケガは、たいてい酒が原因。
 しかし、本人は、ほとんど自覚していない。
 アルコールは、脳の働きをマヒさせるから、認知能力をはじめ判断力、自制力、
 運動機能を低下させる。ほろ酔いでも危ない。前夜の酒が翌日に影響すること
 もある。これがわかっていない人が多いのである。酒飲みのケガの防止には、
 飲みすぎ防止が第一。

 山さんは、家では酒1単位、外では2単位、飲まない日もきちんと記録している
 ので、ケガが起きた場合には、それが老化による運動能力の衰えか、アルコー
 ルの影響かを、ある程度推定できる。
 一般には、両方が重なるケースが多いかもしれない。
 歳を取ると、筋力や反射神経、バランス感覚が衰える。疲労回復が遅くなるし、
 酒の分解能力が低下する。前夜、たとえ「節度ある飲酒」であっても、翌朝の行
 動は慎重に。まして、飲みすぎは大変危険だ。
 親指のギクリが起こった正月2日、親族の集まった昼間の酒宴だから、2単位
 を超えていたかも……。


=============================================================★
  6.ASKの活動ご紹介
==============================================================

 特定非営利活動法人ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)は、
 アルコール問題の予防に取り組む任意団体として1983年に設立、
 2000年にNPO法人になりました。1994年には、出版・研修の事業部
 門が(株)アスク・ヒューマン・ケアとなり、活動と事業の両面から
 予防を推進しています。

 ASKでは、「飲酒運転を防止するためには、アルコール依存症の
 早期発見・介入を視野に入れた総合的な予防対策が欠かせない」との
 認識のもと、2005年に飲酒運転対策特別委員会を発足させました。
 山村陽一委員長と今成知美ASK代表のリーダーシップのもと、被害
 者遺族・専門家・関係機関と連携しつつ、予防と再発防止の両面から
 本格的な飲酒運転防止対策に取り組んでいます。

 これまでに行なってきた活動は……

 ・被害者遺族による厳罰化署名運動や、生命のメッセージ展に協力
 ・運行管理者用テキストに「一歩踏み込んだ飲酒運転防止対策」執筆
 ・アメリカで酒気帯び運転で検挙された日本人に対して米国裁判所指
  定の教育プログラムを実施
 ・日本損保協会の「飲酒運転防止マニュアル」に執筆協力
  日本損保協会主催のシンポジウムに協賛し、全国各地で講演
 ・バス会社から運転手向けの予防プログラム「セルフケアスクール」
  を委託され、プログラムを開発
 ・「飲酒運転防止<通信スクール>」のプログラム開発
 ・職場の飲酒運転対策メルマガの発行
 ・啓発パンフ「飲酒運転 あなたは大丈夫?」制作
 ・代表今成がアメリカ・カリフォルニア州の飲酒運転再犯防止対策の
  視察、内閣府主催シンポジウムで報告
 ・国土交通省主催のシンポジウムで、山村、今成が発表
 ・今成がオーストラリア・ニューサウスウェルズ州の対策を視察
 ・国の「常習飲酒運転対策推進会議」で今成が海外視察報告
 ・「飲酒運転 懲戒処分事例の分析07・4・10」をまとめる
 ・研修用DVD「知って得する!アルコールの基礎知識」製作
 ・〔飲酒運転防止インストラクター養成講座〕を開始
  日本損害保険協会の助成で3年間に1000人の養成を目指す
 ・「飲酒運転 運転代行の落とし穴06・9~08・4」をまとめる
 ・「教職員の飲酒運転 懲戒処分事例の分析07・10~08・9」をまとめる
 ・山村が警察庁主催シンポジウムで報告
 ・内閣府、常習飲酒運転者対策についてのヒアリングで今成が報告
 ・特設サイト「職場の飲酒運転対策チェック!」を製作
 ・DVD「知って得する!アルコールの基礎知識」冊子化

 ↓詳しくは、ASKのホームページをご覧ください↓
 http://www.ask.or.jp/dontdrivedrunk.html

==============編集後記 *NEKOのつぶやき*===================

 鼻はむずむず。くしゃみも出ている。
 それでも「私は花粉症ではない!」と信じ続けて早幾年。
 さすがに今年の猛威を前にして、花粉症だということを受け入れようと、
 覚悟を決めています。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 【職場の飲酒運転対策メルマガ】57号 11.2.17
                  
 発行 特定非営利活動法人ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)
    飲酒運転対策特別委員会
  
       〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町3-16-7-7F         
       Tel 03-3249-2551 Fax 03-3249-2553             
       URL http://www.ask.or.jp/ email ask-ddd★(★を@に変えて下さい)a-h-c.jp

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
プロフィール

ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)

Author:ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)
http://www.ask.or.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク